七栗神社 ななくり
通称 八幡宮 はちまんさん

ご祭神 品陀和氣命 伊佐保別命 大鷦鷯命
(合祀)猿田彦命 菅原道眞 大己貴命
    須佐之男命 櫛名田姫命
    倉稻魂命 迦具土之命 五男三女神


鎮座地 三重県津市庄田町
    (旧 久居市庄田町)

Googleマップ(to:七栗神社)
 七栗神社は、縁起によると人皇四十五代聖武天皇の御宇奈良朝の神亀元年(724)豊前国九州の宇佐の宮より勧請した古い八幡宮と伝えられています。寛正三年(1462)  文明十年(1478) 永正三年(1506) 天文九年(1540) 慶長十八年(1613) 元和六年(1620) の棟札は久居市指定文化財になっています。
 文明十年と天文九年には、地頭領より馬が奉納された記録があり、当時この地方に地頭領が広がっていたことを知り地頭と農民の信仰の深さをうかがえます。
「山寺三千坊捨記」に記されているように、嘉応元年十月伊賀国藤原師高天台僧侶の横暴を恐れて、一志郡安濃町の国境伊賀山上に兵乱を起すこの時に至り、伊賀双師高の軍乱入して神社仏閣を焼払ひしも、伊勢伊賀両国司により鎮定せられました。

 その時の兵災に本社もかかり、古文書を焼失したことはまことに遺憾であります。
明治四十一年迄は七栗地区の各字に神社がありましたが、同年三月合祀令により二十五社を七栗神社に合祀しました。
《平成祭礼CDデータより》

BACK