飛鳥坐神社
あすかにいます

ご祭神



天之事代主命
高皇産霊命
大物主命
飛鳥甘奈備三日女神
鎮座地


奈良県高市郡明日香村
飛鳥字神奈備
Google マップ(to:飛鳥坐神社)


    
 延喜式神名帳に「飛鳥坐神社四座並名神大。月次相嘗新嘗。」とあるお社。
 飛鳥坐神社は平安時代、甘南備山から鳥形山に移座されたことになるが、従来甘南備山(飛鳥神奈備)がどこにあったのかは不明である。一説に飛鳥の神奈備は豊浦山一帯(現甘樫丘)、雷丘、あるいは橘寺南方のフグリ山一帯と見る説や、また現飛鳥坐神社のある場所が飛鳥神奈備であり鳥形山であって、移座ではないとする説なとがある。 
 祭神は天之事代主命、高皇産霊命、飛鳥甘南備三日女神、大物主命の四柱の神であるが、出雲国神賀詞によると「賀夜奈留美能御魂乎飛鳥乃神奈備爾坐天皇御孫命能近守神登貢置八百丹杵築宮爾静坐支云々」とあることから、古くは賀夜奈留美命が祭祀されていたことがわかる。その後、多くの社が摂せられた。
「八十萬神社(やそよろずのかみのやしろ)大国主神が国譲り給へる時、飛鳥ノ神(八重事代主命)は八十万の神を合(あつ)め師(ひき)ゐて天高市(飛鳥ノ賀美郷)に鎮まり給ひました」

境内の立札より
 毎年二月の第一日曜(従来は旧正月十一日)に古式に従って御田植祭り『おんだ祭り』は、大和の奇祭として有名。
豊年を予祝する夫婦和合の神事である。
飛鳥山口坐神社
あすかやまぐちにいます

ご祭神 大山津見命、久久乃之知命、猿田彦命

鎮座地 奈良県高市郡明日香村飛鳥字神奈備

            (飛鳥坐神社境内)
「飛鳥山口神社
     大山津見乃神
  祭神 久久乃之知神
     猿田彦乃神
飛鳥山は皇室の御料林でもあり、その山神の霊を祭って大和六所山口神の随一として鎮まっていた。
 旧社地は不明であるが江戸時代当地に遷座された。」

お社横の立札より
 延喜式にはこの飛鳥山口とともに畝火山口、耳成山口、巨勢山口、伊古麻山口、夜支布山口、忍坂山口、都祁山口など多くの山口社がみられる。三代実録貞観元年正月二十七日に「奉二授正五位上一」とあり、同書貞観九年九月八日には使を遣わして奉幣、風雨の祈願をされている。『延喜式』神名帳には式内大社と登載され、延喜式祝詞によると飛鳥山は元皇室の御料木であったから、その山麓で山神を祀ったことになる。現在は飛鳥坐神社の境内社として祀られている。

 飛鳥山口坐神社の旧社地は明らかではないが、五郡神社記のなかに「飛鳥水分神社帳云高市郡飛鳥山口坐神社一座、在二賀美郷飛鳥山裂谷一 亦曰山口坐神為二飛鳥川川上一」とある。
 高市郡神社誌には「里俗伝ふる所に拠るに、飛鳥神社の坤位二町余の所に、天神山と称ふる丘陵ありて、飛鳥神古木版に飛鳥神社の御旅所と記せり、是即ち当社の旧社頭なるべし。遺址尚ほ丘陵の頂上に現存し開墾せられたる畑中に於て方二間の芝生を留めたり。地区古への飛鳥山の麓に在り、高燥にして展望に富み頗る恰好の処なりとす」とある。
BACK