淡嶋神社
あわしま

御祭神 少彦名命
    大己貴命
    息長足姫命(神功皇后)

鎮座地 和歌山県和歌山市加太


Google マップ(to:淡嶋神社)
淡嶋神社本殿
延喜式内の旧社。
 その昔、神功皇后が三韓出兵からお帰りの際、瀬戸の海上で激しい嵐に遭い、沈みそうになる船の中で神に祈りを捧げると、お告げがありました。「船の苫(とま)を海に投げ、その流れのままに船を進めよ。」その通りに船を進めると、ひとつの島に辿り着くことができました。その島が、友ヶ島です。友ヶ島には少彦名命と大己貴命が祭られていて、皇后さまは助けてくれたお礼の気持ちを込めて、持ち帰ってきた宝物をお供え物になりました。その後、何年か経ち、神功皇后の孫にあたられる仁徳天皇が友ヶ島に狩りに来られ、いきさつをお聞きになり、島ではなにかとご不自由であろうと、お社を対岸の加太に遷され御祖母の崇敬された神様であるからと御祖母の命をも合わせ祀られ、御社殿をお建てになりました。それで加太神社と称へ、又旧宮の名により淡嶋とも又両地名をとって加太淡嶋神社とも称へ奉られます。
 仁徳天皇五年三月三日で、今から約千七百年前のことでした。

 男雛女雛の始まりは、淡嶋神社の御祭神である少彦名命と神功皇后の男女一対の御神像であるとされています。また、雛祭りが三月三日になったのは、加太への御遷宮の日が三月三日であったことから。雛まつりの語源も、スクナ祭がのちに簡略化されて、ヒナまつりと言われるようになったとされています。
本殿の中の様子
本殿の向かって右側。
 
 供養されるお人形たち。本殿の中は雛人形でいっぱい。向かって右側には市松人形さんが。
お人形さん達は各々の場所があって、きちんと整理して、並べられています。
大国主社
 境内の左側奥の大国主社。
ご祭神少彦名命とともに国つくりをされた大己貴命(大国主命)をお祀りしています
針塚
 少彦名命は、裁縫の道を初めて教えた神様で、毎年二月八日の針祭が行われます。俗に針供養として有名です。ご供養された針は、この針塚に納められます。
 
   

 三月三日の雛流しの神事

日が高く昇った正午。春の海に千羽鶴がまかれ、本殿でお祓いを受けた人形をいっぱい乗せた白木の船は、先導される船に引かれ、人がたに書かれた願い事といっしょにこの海を沖へと沖へと向かいます。

※人形のご供養については、淡嶋神社公式サイトへ。

加太の海
 
BACK