● 朝風千軒
 (高市郡明日香村稲淵・旧高市郡高市村稲淵)
 稲淵から明日香川を隔てて西方に朝風というところがある。
昔、そこは朝風千軒といって集落があり、南淵請安の故地であったといい伝える。今稲淵の龍福寺の南に請安先生の墓があるが、これも、この朝風の地から改葬したという。祝戸から朝風に通じる古道は、その昔、中大兄皇子と鎌足が先生のところへ通った道であると考えられている。(小島貞三)
● 男淵の龍神 (高市郡明日香村畑・旧高市郡高市村畑)
 飛鳥川の上流、畑の谷間に高さ九メートル、幅二メートルの滝がかかっている。その滝つぼを男淵といい、龍神のいますところといわれる。ある年、畑の某が、この淵にいるうなぎを龍神の使いとは知らず、毒を流して多く取り、腹をさいて料理し、岡村へ売りに出たまではよいが、そのたたりで、帰ってみると、その父がうなぎ料理の出刃包丁で割腹し、血染めになって死んでいた。これから、男淵に手をつける者は、だれもなくなった。(島本正義)
● 稲淵と栢森<かやのもり>の綱掛け
(高市郡明日香村稲淵、栢森・旧高市郡高市村稲淵、栢森)
 毎年一月十一日に飛鳥川上流、稲淵の入口に男綱をかけ、栢森の入口に女綱をかける網掛け祭りがある。疫病が入らぬように、五穀がよく実るように、という祈願のためであるが、一時この行事をやめた時に、疫病が流行ったので、それから今日まで続いているという。

(福井磯太郎)
● 稲淵と栢森の「綱掛神事」
(高市郡明日香村稲淵、栢森・旧高市郡高市村稲淵、栢森)

稲淵側の雄綱

 飛鳥川は上流大字を稲淵・栢森辺りでは稲淵川という。二村の入口に川をまたいで大きな「かんじょう縄」が掛渡されている。稲淵側は真中に男性の象徴を、栢森側は、女性の象徴に似せたものを結付け、前者を雄綱、後者を雌綱とよんでいる。綱は、毎年正月の十一日に掛けられ、「かんじょう掛け」または「網掛神事」という。
 栢森から大字畑への谷筋に男淵・女淵とよぶ二つの淵がある。
 淵の主は竜神で、淵は竜宮に通じると信じられた。男淵の主は男神、女淵の主は女神、ともに雨乞に霊験が著しく、それにまつわる伝説もある。昔、干天の時は壺坂寺の院主が来て祈祷するのが常であったという。
栢森の雌綱
※関連記事● 綱かけ神事(磯城郡織田村大西・纒向村江包)
[HOME] [TOP]