● 辻氏の祖先
 五條市五条町(旧宇智郡五条町)
 井上内親王が宇智郡に配流されて、吉野川を渡られる際、おりしも大水で容易に渡ることができなかった。その時、辻氏の祖先と、いまひとりの男が、親王を負うてお渡し申した。この縁故によって辻氏の子孫は代々、霊安寺の御霊神社祭礼に参列の光栄を得るにいたったという。(野村伝四)

● 下馬町 五條市須恵町(旧宇智郡須恵)
 五條市須恵町の横町に、井上院という井上内親王の御寓居跡の寺院があった。ここを通行するときは必ず下馬したという。もしこれを犯したものは、落馬するか、または不慮の災厄にあうと伝えられている。(吉川星一)

● ひじり神 五條市須恵井上町(旧宇智郡五条町)
 須恵井上町の道路の中央寄りに幅三メートル、長さ五メートル、高さ〇,五メートルほどの小塚があり、その上にささやかな祠を祭っている。これを聖神<ひじりがみ>といい、この塚をさわるものは必ず腹痛になるとおそれて、だれも近寄らない。光仁天皇の皇后井上内親王が流されて幽居された跡とも、また、皇子雷神親王の胞衣<えな>を埋めたところだともいう。(阪之上夏三)
● 釜窪 (五條市釜窪町)
 釜窪の御霊神社の森の東側に小さな祠がある。これは雷神親王の産湯を湧かした釜を埋めたところだといい、釜窪の名はこれから起こったといい伝えられる。
 (阪之上夏三)

● うなる御廟塚 (奈良県五條市)
 御山にある宇智陵を通称御廟塚という。天変地異や国家に大事のある場合にうなるという。日清・日露役や吉野川大洪水の前にうなったといわれる。(吉川星一)

● モコン鳥居 (奈良県五條市)
 小和の御霊神社は、光仁天皇の皇后井上内親王をお祭りしてある。はじめ、内親王は旧南宇智村字霊安寺にお祭りしてあったのを、五百年ほど前に今の五條市(旧宇智郡)内の五十三ヵ村に宮分けをして祭ることになった。
 ところが、この時、各村でお宮にあった神宝を方々に分けて持っていったが、お霊様はこの小和にお移りを希望されたので、小和の人々はお霊様をかついで帰ってきた。すると、霊安寺の人は御神体を奪われてはたいへんだといって、これを取り返そうと追っかけて、野原のところで、御神体の手を捕まえた。
 そこへ大島の人が御霊様を負うて吉野川を渡らしてくれた。それから逃てげ帰って、ほっと一息していると、追ってくる人もなかったので、そこへ鳥居を建てた。もう来んというので、それをモコン鳥居と名づけた。そして間もなくお宮を造ってお祭りした。(福岡長俊)
[HOME] [TOP]