● 曲り淵の馬の足跡
 五條市二見町(旧宇智郡五条町二見)
 吉野川が五条の町の南を西に流れてゆくと、二見にいって急角度に川は南に折れる。その折れたあたりが曲り淵で、淵の深さは測り知れないくらいである。その淵の中に馬蹄形のついた大きな石がある。昔、ある武士が大ぜいの郎党をつれて大和の方へ征伐にきた。その時、馬を走らせて西の方からこの淵の真上に出た。下を見ると険しい崖と青い淵であったが、この大将は物ともせず、馬もろとも淵の中に飛び下りた。馬はこの大きな石の上に止まったので、今にその足跡が残っているという。
 また、別の話によると、この時の武士は源九郎義経で、兄の頼朝に追われてきた時、飛び下りた跡だという。(柏田久彦・香久山昌純)

● 回り淵の主 五條市二見町(旧宇智郡五条町二見)
 吉野川の回り淵には昔から主がいるといわれた。河原で櫛を探している人がいると、その主はいつか自分が櫛に化けて出てきて、その人を引っ張り込んだという。
 また、この二見の回り淵に緋鯉が浮くのを見たら、必ずだれか水死人があるといわれている。(住谷正治・阪之上夏三)
● 寄足<よらせ> 五條市二見町(旧宇智郡五条町二見)
 弘法大師が、高野への道すがら足を寄せられたというのが、寄足の地名の起こりという。この寄足の生蓮寺にある石地蔵に、小豆を供えて祈ると雨がやむといわれる。(吉川星一)
● 疱瘡神 五條市二見町(旧宇智郡五条町二見)
 五条の二見に疱瘡神という廃祠がある。この祠は、どんなに荒れても、修繕を加えると疱瘡が流行ると伝えられている。(吉川星一)

● 筆捨岩 五條市東阿田町/八田町(旧宇智郡大阿太村東阿田/南阿太村八田)
 筆捨岩は東阿田や八田及び大淀町佐名伝<さなて>付近の川中にある。筆捨岩のすこし上流には、長岩といって、馬の背のような岩が一〇〇メートルあまり続いている。いま一つナガ岩というのもあり、いずれも吉野川の中流につき出ている。この筆捨岩は上が平面になって、人の足跡が一つ残っている。昔、弘法大師(あるいは狩野法眼、または金岡ともいう)がここを通り、付近の風景を絵にかこうとしたが、岩がみな水に逆らって動いて、どうもうまく描けないので、筆を捨ててしまったという。(森田実・亀多桃牛・阪之上夏三)

● 皇座位<こうざい> 五条市八田町(旧宇智郡南阿太村八田)
 吉野川が阿太の地に流れてくるあたりに皇座位というところがある。川の中に大小の岩が露出しているが、ここは神武天皇が大和へおいでになった時、阿陀の鵜養<うかい>の祖である贄持<にえもつ>の子が、うやうやしく鮎を奉ったところと古事記に伝えられ、それで、こういう地名が残っているのだといわれる。
 (亀多桃牛)

● 天磐舟<あまのいわふね> 五條市西阿田町(旧宇智郡大阿太村西阿田)
 西阿田の吉野川に近いたんぼの中に、舟型をしためずらしい岩がある。神武天皇は、この磐舟に乗って吉野川をさかのぼり給い、ここに乗り捨てられたものという。西阿田の氏神、神霊大明神は神武天皇を祭神としている。(阪之上夏三)

[HOME] [TOP]