● 奉膳の名の起こり 御所市奉膳町(旧南葛城郡国樔村奉膳)
 奉膳<ぶんぜ>というところが、和歌山線吉野口駅の南数百メートルにある。昔、後醍醐天皇が吉野へおいでの途次、ここにお休みになり、土地の者がご食膳を奉った、それ以来、これを記念するため、この二字をもって土地の名としたという。
 (田仲正男)
● 土蜘蛛の窟 御所市高天町(南葛城郡葛城村高天)
 昔、この地に大きな土蜘蛛が住んでいたので、字サルチ(猿伐)というところから矢を放ち、これをうち平らげた。 その矢の落ちたところを矢の段という。その時うちとった蜘蛛を、同地の高天彦神社のかたわらに埋めてある。 これを蜘蛛塚という。そして、その蜘蛛の窟は同神社前の並木の東方にある。
 また一説に、この地に土蜘蛛が住んでいて、時のみかどが御悩みであったから、勅使をもってこれを滅ぼし、この窟に埋めこんだ。この蜘蛛は千筋の脚があり、今もこの地には、よそよりも大きな蜘蛛がすんでいるという。
(瀬川敏夫)


蜘蛛窟
蜘蛛の窟
● 鶯宿梅 御所市高天町(南葛城郡葛城村高天)
 高天彦神社前並木のかたわらに鶯宿梅<おうしゅくばい>がある。昔、この地の高天寺に住んでいた僧の弟子に小童があった。それがむなしくなったので、師の僧の嘆きは一通りでなかった。
 しかし、月日がたつにつれて忘れていると、つぎの年に鶯がここの梅の枝に飛んできて鳴いた。その声を聞くと、

御所市高天の「鶯宿梅」


 初春のあした毎には来れども
  あはでかへるもとのすみかに

とあった。今は、この老樹は枯れ朽ちて、若いこずえが生え繁っている。
 今も、この高天地方は鶯の名所として名高い。
 (吉村定治郎・瀬川敏夫)

[HOME] [TOP]