● 矢落明神
 大和郡山市矢田町(旧生駒郡矢田村矢田)
 矢田坐久志玉比古神社は、一名、矢落明神とも呼ばれている。饒速日命が天神から天羽々矢・天羽々弓をたまわって、三本の矢を射て、落ちたところにすまいを定めようとされた。
 三本の矢は皆、矢田に落ち、一の矢の落ちたところを「一の矢」(矢田町小字一の矢にある塚)、二の矢の落ちたところは神社、三の矢の落ちたところは、小塚と呼ばれている。
 矢田町飛具谷字宮所で、土地の人からは、矢田部聖賢の墳墓といわれている。
二之矢塚
矢田坐久志玉比古神社の境内にある二の矢塚
● とび山 生駒郡生駒町上(旧生駒郡北倭村上)
 旧北倭村から富雄村にわたって、富雄川の流域は鳥見谷ともいい、昔鵄邑<とびむら>であるといわれる。今は生駒町の大字上に富雄川をはさんで東に「とび山」があり、西に「おいえ」というところがある。その西にあたる白庭は饒速日命<にぎはやひのみこと>のおられたところで、「おいえ」は長髄彦<ながすねひこ>のいたところ、「とび山」は金鵄<きんし>が現われて神武天皇の弓弦<ゆはず>にとまったところだと土地の人はいっている。(正木なつゑ)
● 貝吹山 生駒郡平群村越木塚
 越木塚<こしきづか>に貝吹山という小丘がある。昔、聖徳太子が守屋征伐の際、この丘に登って貝を吹き、軍兵を集められたという。 (平群村風俗史)

● まんが淵 生駒郡平群村椣原<しではら>
 鬼取山と矢田山脈との中間を流れる生駒川の川床に、怪岩奇石をぬうて落ちる小さい滝がある。この滝の滝壺は100坪(3アールあまり)ばかりあり、ものすごい流れで、俗に「まんが淵」と称している。昔、椣原の百姓が、夏のたそがれに一日の労働をおえてまんぐわを肩に牛を追うて家路を急いでいたところ、雨後の川は水勢はげしく大渦を描いていた。百姓は肩のまんぐわをおろして泥を洗っていると、牛は何に驚いたのか、奇声を放って、牛もまんぐわも水中に没した。村人の援助でやっと牛だけは引き上げたが、骨と皮とになっていた。淵の主の怒りにふれたのであった。(乾健治)

※まぐわ・まんぐわ・まんが【馬鍬】:田んぼの土を耕したり、ならしたりするための農具で、牛や馬に引かせて使用する。

[HOME] [TOP]