● 法隆寺南大門の高さ 生駒郡斑鳩町法隆寺(旧生駒郡法隆寺村)
 先年、亀瀬<かめのせ>に地すべりがあって、大和川の川底が隆起して人々がさわいだが、法隆寺の人々はさわがなかった。それは、聖徳太子が法隆寺をお建てになった時、寺が水害にあわないように、亀瀬の山の高さと同じ高さにせられたというので、安心できたからである。(京谷康信)
● 吉田寺<きちでんじ>の阿弥陀 生駒郡斑鳩町小吉田
 龍田の小吉田、吉田寺に、恵心僧都の作といわれる丈六の阿弥陀如来の座像がある。恵心僧都が、大和の五位堂から比叡山へ遊学のため、このあたりをお通りになると、きらきらと光る霊木があったので、この木に、一刀三礼してつくったのが、この像であるという。(京谷康信)
● 美人と大根 生駒郡斑鳩町目安(旧生駒郡龍田町目安)
 昔、目安村の川で、色の黒い乙女が大根を洗っていた。そこへ弘法大師がお通りになって、
 「大根とお前の顔と、どちらが白い。」
と問われたので、乙女は、
 「私の顔がずっと黒い。」
と答えた。
 「それなら大根のような白い顔に生まれるようにしてやろう。」
と仰せられた。それから目安の村に色白い美人が多くなったという。
 (乾健治)
● 飯を食べた石地蔵 生駒郡斑鳩町東端(生駒郡龍田町東端)
 弘法大師のほったといわれる五百井のそばに石地蔵がたっている。
飯を食べた地蔵さんと呼ばれている。その昔、この村に継子をもったひとりの女がいた。継子に一杯の飯さえたべさすのが惜しいので、ある日のこと、継子に、
 「お前、あの五百井のそばの地蔵さんにご飯を食べさせたら、お前にもたべさせてあげる。」
といった。継子はひだるさにたえかねて、地蔵さんの袖にすがり、
 「お地蔵さん、どうかこの握り飯をおあがりください。そうすると、わたしもご飯をいただくことができます。」
とお願いすると、地蔵さんは大きな口をあいて、その握り飯をたべられた。それから継母も、継子を実の子と同じようにかあいがったという。
 (山田熊夫)
● 龍田城跡の雨蛙 生駒郡斑鳩町龍田(旧生駒郡龍田町龍田)
 龍田川の東方から大手戒下までの間に、梅雨時に長さ5ミリ余りの雨蛙が出る。ここは昔、龍田城のあったところで、片桐氏に仕えていた武士たちの霊が、死んでも、この城跡をたち去ることができず、年に一度、蛙になり、この世に出て、昔の城跡をながめるのだという。(中尾直美)
[HOME] [TOP]