● 鐵砲池《てっぽういけ》 (生駒郡平群村富貴畑)
 富貴畑《ふきはた》に、鐵砲池という池がある。
 昔、富貴畑に大層上手な狩人があって、或日子狐を射止めた。子を失った親狐は、何とかして報復したいと考えて居た。
 或日、猟師が山から帰る頃を見計らい、池の真ん中に鉄砲を浮かして見せた。猟師は狐の計略にかかって、之を拾いに行き、遂に死んでしまった。是から今の池の名が出た。
 此の池の付近には、今でも悪い狐が居て、時々人をたぶらかすそうである。
 (京谷保信)

かんがみ石 (生駒郡平群村吉新)
 吉新に、カンガミ石というのがある。聖徳太子が、物部守屋を討たれる時、この石に腰かけて、其方略を考えられた、それでカンガミ石という名がついたと云う。
 (植田良信)

こしき塚 (生駒郡平群村越木塚)
 聖徳太子が守屋征伐の時、今の大字越木塚《こしきづか》の中央の一小丘で、コシキを以て兵糧を蒸された。それで、この村をコシキ塚ということになった。
 (塚敏夫)

● 元寇の時の風の神 (生駒郡三郷村立野)
 元寇の時、黒雲が龍田山をおおったかと思うと、今の官幣大社龍田神社の背後から、大きな嚢《ふくろ》が舞揚がって、雲の中に入り、雲と共に西に向かった。それが九州の玄界灘の上で破れて彼の大嵐になり、敵の船を破砕したのであったという。
(森本種次郎)
● 安村坂の狐 (生駒郡三郷村)
 立野の馬場から西浦へ下る坂を、安村坂という。昔、大和川に船が通っていた頃、安村氏がその所管をして、この坂に大きな邸宅をもっていたからの名だという。その坂は、大きな竹藪で、今も一寸すごい。ここに老狐が棲んでいて、よくうら若い女に化けて出た。
 或る春の宵、高山から馬場へ夜遊びに来た若者があった。安村坂にかかった時、一人の美人が立っていて、若者を挑んだ。若者は思わず女にとびついた。夜があけてみると、若者はしっかと石に抱きついていた。(森本種次郎)
● 業平道 (生駒郡龍田町及三郷村)
 龍田町の市街の西端、龍田川に架かった龍田大橋の少し北から、西南へ下がってゆく細い道は、南方の三室山の下を経て、大和川の北岸に通ずることになる。ここを業平道《なりひらみち》と呼び、昔、業平が河内通いの時に通った所だと云う。
 (森本種次郎)
● 蛙鳴のさきがけ (生駒郡龍田町神南)
 生駒郡龍田町神南に、三室山という丘がある。神奈備《かんなび》の三室山、
  嵐ふく三室の山のもみぢばは
    龍田の川の錦なりけり。
という歌枕を伝えている。その三室山に昔から三脚の蛙が一匹いる。この蛙が鳴き出すと、その年の蛙がつづいて鳴初める。即ち三室山の三脚蛙は、毎年全国の蛙の魁をして鳴くことになっているという。(森本種次郎)
[HOME] [TOP]