● 布留の名の由来 (山邊郡丹波市布留)
 昔、今の布留川の上流から、一口の劔が流れてきた。触れるものは、石でも木でも皆スッスッと切れた。それが、川端で洗濯してゐた一人の女の布に纏はれて、留まった。それを神といはひまつたのが、布留の明神、今の官幣大社石ノ上神宮の始まりだといふ。 布留といふ名は、其時『布で留』まつたから出たといふ。
 (乾健治)
● 天から壺の落ちた所 (山邊郡丹波市布留)
 官幣大社石上神宮の境内の西の方に、酒殿址がある。昔、天から一個の壺が落ちた所だといひ傳へてゐる。(乾健治)
● 布留の神劔 (山邊郡丹波市布留)
 昔、布留明神の神主が、射矢<いや>の川で東の方を眺めて居ると、白雲に乗った白龍が、一口の劔をくはへて来て、布留山に落し、大きな音がしたといふ夢を見た。翌日、川の上流へ上って行くと、大きな石が八つ寄った上に、一口の劔が差さって居た。
  此劔は、今も官幣大社石上神宮の神宝中にある。射矢の川とは、布留川の一部分、石上神宮の境内に当たる所だけの名称である。
 (乾健治)

八つ岩
[HOME] [TOP]