● 角刺宮の鏡池
 葛城市忍海(南葛城郡忍海村忍海、西浦)
 忍海の角刺神社の前に小さな蓮池がある。池域は、現今でははなはだ縮小しているが、角刺宮のあったという昔は、かなりに大きい、きれいな池であったそうである。
 その昔、飯豊青皇女が執政として宮居におられた時、日夜、この池に御姿を映しておられたので、鏡池と名づけられるようになったのである。
 (杉村俊夫)  



鏡の池
鏡池
● ハッチョはん (南葛城郡掖上村東寺田)
 『ハッチョはん』とは、寺田の名家吉村定治郎氏宅の裏にある一本の樫の木、及び之を繞った二三本の椿の木の一群のことである。今では吉村家から石燈籠を奉献し、注連縄を張ってまつっている。
 昔から、ハッチョはんには濫りに触れられない。若し、餘人が椿の花の一輪でも取ると顔が腫れ上がる。併しそれが吉村家の人であれば、差支へがないと云うことである。(吉村清太郎)
● 天下塚 南葛城郡掖上村東寺田
 寺田の南外れ、満願寺の南の高井峯地に、一畝程の塚がある。木はなくて、きれいな芝生である。天下塚という。昔から、そこの草を刈るとか、土を取るとかすると腹痛になる。牛などでも、その草を食うと、やはり腹痛を起こす。これは高貴の方の葬られている所だからだと云う。
 昭和六年秋季の演習に、兵隊がこの塚に登って機関銃を据え付けた時には、村人は皆驚いた。さて兵隊達は、其後どうなったものか、知らない。(吉村清太郎)
● 蜘蛛の牙 南葛城郡吐田郷村森脇
 郷社一言主神社の境内に、土蜘蛛というのがある。昔、神武天皇が、カツラで網を作って土蜘蛛を取り、之を頭と胴と脚との三部分に切断し、別々に今の神社の境内に埋め、其上に巨石を据えておかれた。其あとである。
 尚、この時、土蜘蛛を取るのに、カツラの網を用いられたから、此の地方がカツラキと云われるようになったと云う。(書記に拠るー瀬川敏夫)
● 大日池 南葛城郡葛村水
 南葛城郡の葛村の山の麓に、大日池という大きな池がある。
 昔、ある人が、一心に神様に願をこめて、大日如来の御姿を見せて戴きたいと臨んだ。そして四五日たつと、
 『ワシの姿を見たかったら、此の池へ来い。』
という夢のお告げがあったので、行くと、池の向こうの山から、大蛇が下りて来て池の中にへ入って泳いだ。それが大日如来の御姿であった。その人は、大蛇に
 『その御姿では他の人が恐れますから、もっと正しい姿になって下さい。』
というと、大蛇は
 『それでは姿をかへよう。』といって、水の中へ入ってしまった。今まで沢山あった池水が、見る見るうちに少なくなって、やがて全く無くなった。そして、今度は、本当の大日如来が、池の真ん中に坐っておられた。間もなくぱっと佛が消え去ると、水が再び元に復した。それから、この池を大日池と云い、大日如来を池の守り佛とあがめた。此の池に落ちて死んだ者は、昔から未だ一人もない。
  (尾上俊晴)
● 吹藪及敦盛すがた見の井 南葛城郡葛城村鴨神
 鴨神に、吹藪というのがある。今では半ば開墾されて、一畝歩程になって居る。彼の無官大夫敦盛の、有名な青葉の笛は、この藪地のふたまたの竹を採って作ったものだそうで、今尚希に、両岐の竹の生える事がある。その傍に敦盛のすがた見の井があったが、今は埋められて、その形跡は残っていない。(杉村俊夫)
[HOME] [TOP]