● 水をかける雨乞いの石 吉野郡黒滝村桂原
 桂原の八幡神社は笠木川の清流にのぞんで鎮座している。祭神は応神天皇であるが、水に縁のふかい神社のたたずまいである。村人は、河を渡って参拝するのであるが、カンジョウ縄がこの河にわたされるという。
  さて、この神社ではむかしから行われる雨乞いの神事はすこしかわっている。社殿の下の河岸に女陰を形どった自然石があり、村人は唱えごとをしながらこの石に、河の水を注ぐのである。水の神様は、ミズハノメという女神であると、大昔から信仰されていたのが、この村ではいまも生きつづけているあかしであろう。
雨乞石 (桂原八幡神社)
● 旅の神さまとガタロ
 昔、白髪の老人がやって来て、「中」という家に休まれた。どこへ行くのかときいたら、「わたしは七尾七谷二又川へ行く。」と言われた。この老人は、奈良から来られた、春日大明神であったという。
 赤滝川と川谷川の合流する川戸の地に鎮座する河分大明神は、昔は、赤滝・中戸・寺戸・脇川・堂原・御吉野の産土神であったが、このときから、春日大明神がここに鎮座なされた。
 七尾といわれた裏の宮山には大きな槙の古木があり、その空洞となった根方には小さなほこらがあり、ガタロを祀ってある。だから、二又川の下流にはガタロ(河童)は、一匹もいなくなったという。


河分神社境内で見かけた古木
● オミキ淵 吉野郡黒滝村槇尾
 槇尾にオミキ淵というのがある。青々として物凄い。昔、オミキという婦人が、ここで菜を洗っていると、何処からともなく好い音がして来た。ああ、あの音を聞きたいなァと思って、ウットリしている中に、忽ちオミキの姿が消失せた。それで此名がついた。今に人々は恐ろしがって、夏も其傍を通る者さえない。(浦好治)

● 中戸春日の祭神 中戸に郷社春日神社がある。奈良の春日の分かれだと云われる。昔、白髪の老人が黒滝村の堂原まで来て、『中』とかいう家に休んだ。どこへ往くかと尋ねたら、
 『ワシは、七尾七谷二又河へゆく。』


と答えた。是が奈良から来られた春日大明神であったという。
 社は、今、赤瀧川と川谷川の落合った所にある。『七尾』とは、山の峰づたいの事だそうである。
 それから、其社の大杉の木の上に、小さなホコラがある。これはガタロを祀った所である。それで、二又川の下流には、絶対にガタロは居ないと云う。ガタロとは河童である。(芹山得一郎)
 ガタロ伝説が残る河分神社。
黒滝川と川谷川の合流、中戸字川戸に鎮座する。 祭神は、奈良春日大社を分神したもの。
● 黒瀧袴の由来 吉野郡黒瀧村中戸
 労働の為にはく一種カルサン型の袴を、黒瀧地方では黒瀧袴と呼ぶ。是は、もとは公卿のはくフワフワとした大きい袴(編者曰、サシヌキか)であったが、それが破れて修繕し修繕しているうちに、黒瀧袴のような形になったのだと言われる。
 (芹山得一郎)
● 杵音を嫌った人 吉野郡黒滝村笠木
 笠木には、昔、バンケイゼンジという人が居た。子供のなく声や、臼の杵の音を嫌って山の中へ入って勉強したという。今、其山中には、小さい石碑が立っているが、其下にはバンケイゼンジの読んだ本などが埋めてあると言われている。
 (岡田隆雄)
● バンケイ和尚の足跡 吉野郡黒瀧村桂原
 バンケイ和尚は、アンノ奥という所で勉強していたが、臼の音や児の泣く声を厭うて、少し離れたフロ山にいった、そこに瀧がある。其瀧の崖を、和尚は鉄下駄をはいて登ったので、今も下駄のハマの痕跡が残っている。(光岡退司)
[HOME] [TOP]