● 辰の市の女 奈良市東九条町(旧添上郡辰市村東九条)
 辰の市が開かれたころ、うわさにのぼったひとりの美人があった。
このふしぎな女が通りすぎると、市場の多くの品物が必ず紛失していた。
人々は怪しんで、その女を捕まえて殺した。
女は龍の姿になって、尾から一口の名剣をあらわしたという。(辰市村史)
● 蛇塚 奈良市西九条町(旧添上郡辰市村西九条)
 西九条町の中ほどに塚がある。昔、この村では毎年、倭文神社の例祭に子供を供えることになっていたが、供えた子供は、いつも帰ってこなかった。
 ある年、この村に六郎という、たいへん勇気のある人がいて、
「わたしがこの災難を救おう。」
と、宵宮の夜、宮の森の中にただひとり、白木の棺に入っていると、夜中に大蛇があらわれ、六郎に迫った。六郎は勇気を振るい、刀をぬいて大蛇をさし殺した。
 村人たちは尾を宮の西側に、頭と刀は宮の北側の空地に埋めたという。
 今も、お祭りには、小麦藁で五メートルもある大きな蛇をつくり、町内を担ぎ歩いたうえ、神社の境内におさめ、十月十六日の祭典の際、これに点火することになっている。なお当日の神饌にもサトイモの茎で蛇をつくり供えることになっている。 (山口正躬)


蛇塚社
倭文神社境内に鎮座する蛇塚神社
[HOME] [TOP]