● 円成寺と東大寺との雨乞い競争 奈良市忍辱山松(旧添上郡大柳生村忍辱山)
 昔、忍辱山円成寺と奈良の東大寺が雨乞いの競争をしたことがある。
東大寺の方は、「万一、円成寺が祈って雨が降ったならば、以後東大寺の僧は大傘をささない。」といった。

 先ず東大寺が七日間の祈願を修した。満願の日になっても一粒の雨も降らなかった。
 つぎに円成寺の番となり、全山総出で「三つ池」の上の池の奧にある高神社に祈願をこらすと、たちまち一天かき曇り、大粒の雨が降り出して百姓の危機を救った。それから、約束によって東大寺では大傘をささなかったという。
 (大柳生村史)



円成寺
[HOME] [TOP]