● 柳本と善無畏三蔵 磯城郡柳本町柳本
 昔、柳本の真面堂《まめんどう》あたりに一本の大きな柳の木があった。奈良にあったころ、印度から善無畏三蔵《ぜんむいさんぞう》という高僧がきて、大和巡歴の途中、たまたまいまの柳本の地へきて、小川のほとりにある柳の大木を見、この地こそ仏の霊地であるとされ、寺を建立することを決心された。そして、ここを柳本と名づけたという。(天理市史による)


● ひじきり丸 磯城郡柳本町柳本
 釜の口の御用刀鍛冶に尻掛則長《しりかけのりなが》というのが、いまの長岳寺大門の藪あたりにいた。寺僧が、鈍刀だとひやかしたので、大門のひじを刀で打ち切って見せた。それで、その刀をひじきり丸という。
 また一説に、天理市杣之内に保昌五郎国定という刀鍛冶が、今の保昌塚のところにいた。糠《ぬか》の火で刀剣を鍛え、ひじきり丸と名づけたともいう。これは別に、ぬか火の太刀ともいった。(天理市史による)


● 遠忠の血の足形 磯城郡柳本町柳本
 釜の口長岳寺の本堂の天井に血の足形がある。十市遠忠と松永久秀とが組み打ちをして血闘した足形で、のちに床板と天井板を入れ替えたのだという。それから幽霊がさかさまになって歩くといわれている。(天理市史による)


● シメ縄の無い村 磯城郡朝倉村岩阪
 岩阪の村は上と下との二つに分かれてゐる。上岩阪は東南に在り、下岩阪は西北に在り、山麓に沿うて相距ること五丁、何れも戸数は十五戸である。此下岩阪では、正月にもシメ縄をつけない。是は、下岩阪は、もと上岩阪から分家して移った家々で、其日が丁度正月の前日であり、シメ縄を造る暇が無かったのが例になったのだと云ふ。(御喜田家壽夫)


● さざれ石 磯城郡田原本町宮古 (旧磯城郡都村宮古)
 田原本から箸尾に至る県道、大字宮古の南端の曲がり角に「さざれ石」という石がある。
 昔、この村に親子三人暮らしていたが、母親は継母だったので毎日継子いじめをし、父の不在中に子をかまどの石の上にのせて、焼き殺してしまった。父が帰宅して驚き、かつ激怒して妻を離縁してしまった。そして、このかまどの石を埋めて子の冥福を祈った。その後、そのところへ村人は塚をこしらえた。現在は県道が拡張されて、その石も道路の中に埋まったか、どこかへ持ち去られたか見当たらない。
 この石が縁切りという意味で、「さざれ石」といわれる。嫁入りのときここを通れば離縁になるといわれ、現在でも嫁入りは遠く迂回している。(池田初太郎)


● 大師像の下のあごのきず 磯城郡田原本町千代(旧磯城郡多村千代)
 千代《ちしろ》の八条に本光明寺がある。本堂に弘法大師の座像がまつってある。昔、庄屋がある日、へびを殺そうとしていた。そこへ旅の僧が通りかかって、
 「そんな殺生はおやめなさった方がよい。」
といましめた。庄屋は立腹して僧の下あごを鎌で切りつけた。
 「お前のしわざは七代までたたるぞ。そのあらわれは代々片目の人が生まれ、八代目にはじめて罪が消えるだろう。」
といって、どこかへ姿を消してしまった。すると庄屋の目が急にいたみ出した。庄屋は大師堂へ行ってお祈りをすると、本尊の下あごから血が流れていた。さては大師さまが化けておられたのかと、それから一生懸命に信仰するようになったという。現に安置されている木像の下あごにきずあとがある。(乾健治)


[HOME] [TOP]