● 箸中長者
 (磯城郡織田村箸中) 
 昔、磯城郡箸中村に長者が居った。その家には、大きくも小さくもならない『金のなる木』があった。毎日々々金がふえるのを、長者は、飽き々々して来たので、一度貧乏をしてみたいと思ひだした。毎日三度の箸を捨てると天罰で貧乏になれるという事を思い付いたので、実行した。その捨てた箸の山が、今の箸墓である。
金のなる木と、酒の涌いた『長者井戸』とは、現に田の中に残っている。
(小島千夫也)


● 生首池 桜井市浅古(旧磯城郡桜井町浅古)
 浅古《あさご》から忍阪《おっさか》へ出る谷間、舞谷古墳の下の池を生首池という。神武天皇が鳥見山霊畤《とみやまのれいじ》で祖先を祭られた時、しめなわのなわ首をおかれた池とも、敵の生首を埋められた池ともいう。
 また、神武天皇には関係なく、ここは、忍阪と浅古を結ぶさびしい道で、争いが多く、生首のたえまがなかったからだともいう。
 (桜井町史による)


● 鬼門除けの一本松 桜井市・戒重(旧磯城郡桜井町川合・戒重)
 川合の西方、寺川の東側の堤の近くの田の中に一本松がある。この松は、昔、戒重にあった「鬼殺しの酒」を作った酒屋の鬼門除けの松であるという。
「鬼殺しの酒」というのは、源頼光が大江山の鬼退治の時に用いた酒だともいい、とにかく銘酒の酒の名であった。
 (桜井町史による)


● 戒重池の三十六 桜井市戒重(旧磯城郡桜井町戒重)
 戒重池は明治時代に掘られた池だが、この池を小字三十六という。
付近に「キネ山」という小字もあり、昔、三十六人の罪人が餅つきのきねで突かれて殺されたところだといい、真夏の夜に三十六人の人霊《ひとだま》が、この池のまわりを、ふわふわ回るという。
 (桜井町史による)
注 ここは古い大和の条里制による二十四条六里の三十六坪に当たる。


● こんにゃく橋の石 桜井市川合(旧磯城郡桜井町川合)
 川合の西北、粟原川を渡って北へ行くと、小川にかかっている石橋をこんにゃく橋という。昔、推古天皇の頃、唐の使と日本の人が口論してゆずらず、
「それでは、力くらべをして決めようではないか。」
ということになった。
 唐の使は三輪山の頂上へ登り、大きな石を相手の人のいる場所にめがけて放った。川合のこの場所に待っていた人はびくともせず、持っていた棒でたたき割ったので、さすがの唐の使も頭を下げてあやまったという。その割れた石の一つが、このこんにゃく橋であり、他の一つは、よのみの木の横にある。
 また、推古天皇がこの川合坂をお通りになるのを、三輪山からねらっていた唐人が、天皇めがけて大石を投げつけたが、家来がその石を手で軽くうけとめて、よのみの木の根もとへおいたのだともいう。(桜井町史による)


● 蛇をおさえている石 桜井市粟殿(旧磯城郡桜井町粟殿)
 粟殿の行者川の堤を東へ行き、国鉄線路を越える辺を「丁字山」といい、俗に「石の木」といっている。ここに畳半枚ほどの大石があり、蛇をおさえているのだという。三輪山は千谷もあるほど大きいが、この山を一まわり半の巻いている大蛇がいるので、この大蛇がいたずらしないように、この石で大蛇の尻尾をおさえているのである。また、三輪山はもともと千谷あるが、最後の谷は、この大石でかくされているので見えないともいう。
 また、粟殿が凶作で困っていた時、三輪山の中腹にある谷が突然光って、そこから音もなく、この石が飛んできたのだとも、天から落ちてきたのだともいいい、さわると手が火傷して命を失うともいい伝える。(桜井町史による)


● 恩が芝 桜井市外山《とび》(旧磯城郡桜井町外山)
 外山領の北方、初瀬川をこえて亀の頭のようにつき出ている土地を恩が芝という。昔、大神神社が火事で焼けた時、外山の人たちが、まっ先にかけつけて火を消しとめたので、同社から特別に、この土地をお礼のしるしにもらったので、恩が芝というと伝える。(桜井町史による)


● 跡見《とみ》の橋 桜井市外山 (旧磯城郡桜井町外山)
 桜井から外山へ入る粟原川にかかる橋を跡見橋という。神武天皇が宇田から大和の国中へ入られ、長髄彦と戦われた時、天皇の弓先に金の鳶
鵄《とび》がとまり、長髄彦は戦うことができなかった。その時、天皇が粟原川の畔に立って、後を見返されたところという。また、天皇の軍に追われた長髄彦がこの橋まで逃げ、後ろを見返したところともいう。
 また、吉野朝廷に味方した大将がいくさに負けて、鳥見山から茶臼山へ馬で飛びおり、この山から粟原川に沿って、この橋まで逃げ、後ろを振り返ったところともいう。(桜井町史による)


● 生谷《うまれだに》 (旧磯城郡敷島村忍阪)
 忍坂大中姫命の子、衣通姫《そとおりひめ》の生まれたところというので、生まれ谷という。谷に姫をまつった玉島明神がある。和歌の浦の玉津島神社は、この社の分霊であるといわれている。(乾健治)


[HOME] [TOP]