● 今井兼平の筆跡 添上郡田原村日笠
 日笠に村社天神社がある。日笠、大野、沓掛の三大字の氏神である。境内に今井堂というのがある。昔、今井兼平が義経に追われて、この神社の森まで逃げのび、鋤で何か書き付けておいたと云う石の手水鉢が、苔蒸してその前にある。兼平はその時、巻物をあたりの民家に預けて置いたが、後に家事で焼失したと云う。
 今井堂から五丁ばかり東北に、義経の馬乗石がある。馬の蹄跡がついている。
 (坂本学)


● 八島 添上郡東市村八島
 添上郡東市村八島に大きな杜があり、その杜の前に池があり、その池に大きな石が七個ある。
 現在では七個であるが、昔は、或る天皇が、この石の墜ちた所に、自分を祭れと云って天の川から投げられた八個の石であった。それでこの村を八島という。
 その後、石八つの内一個は西方帯解村へ流れて行った。それで帯解村を個石村とも云う。(小島千夫也)


● 大豆を作らない村 添上郡東市村古市
 古市には、昔、古市氏がいた。その家族の人が、ある日大豆を炒っていると、一粒はねてその眼に入り、失明してしまった。それで、今でもこの古市では、大豆を作らないことにしている。
 後、或る人が、これを冷笑して、大豆を作ったが、家族全部病んで死んでしまった。これに恐れをなした村人は、今に至るまで、誰一人作る者がない。
 一説に、古市の明神さんが、豆を炒っていて、失明したのだとも云っている。
  (中西忠順)


● 孤塚の怪火 添上郡東市村古市
 古市中央部の西方の田の中に、約十平方米位の塚がある。狐塚という。
 昔、或る人が、この塚が田の中に在って邪魔になるので、開墾しかけた。ところが、その夜便所にいって、ふと見ると、西方に当たって、見なれぬ火の光がある。怪しいと思って、その方へ歩いていったが、そのままついに帰らなかった。それから、人々は狐塚を恐れて、手をつける者がなくなった。(中西忠順)


● 酒顛童子の前身 添上郡東市村白毫寺
 春日山の南に続く高円山の麓に、ちご坂という所がある。
 昔、今もある古刹白毫寺<びゃくごうじ>に、一人の稚児があった。或る日、付近の山に入って、まだ新しい死体を一つ見つけた。稚児は好奇心からその肉を切り取り、寺に持ち帰って師の僧にすすめた。僧は人肉とは知らず、珍味珍味と喜んで食べた。
 稚児は、その後も度々肉を持ち帰った。どうも少しおかしいと思われて来たので、僧は或る夜ひそかに稚児の跡をつけて出てみた。稚児は、暗い野道をしばらく辿って奈良の町に出た。町ではすでに寝しずまって居た。そのうち向こうから、カラカラと人の足音がして来る。稚児は物陰に身を忍ばせ、近づく人影を見て、突然飛び掛かってこれを打ち倒した。
 僧は顔色を変えて寺に帰った。間もなく稚児も帰って来て、平気で例の如く又新しい肉を、土産に出した。僧は厳しく詰問して稚児を責め、その身を縛して、寺の南の山地に棄てた。そこをその後ちご坂というのである。
 併し、稚児は、間もなくその地から姿を消した。その後、大江山の酒顛童子といわれた怪物は、この稚児の後身であったと云う。(宮前庄治郎)


● 又 添上郡東市村
 酒顛童子の生い立ちについては、別にこの様な伝えがある。
 昔、白毫寺の住職に、一人の子供が生まれた。ところが、成長するに随って、その子供に牙が生え、又角が生えてきた。食べものも日毎に荒くなり、獣同様になった。父の住職は、世間態を恥じて、ついに子供を追い出してしまった。
 追い出された子供は、山を越え谷を越え、ついに丹波の大江山に入り込んだ。そして名高い酒顛童子となったと云うのである。(中尾新緑)


[HOME] [TOP]