● 白拍子の滝
 玉垣内から今西に向かう途中、東から入っている大きな谷がある。これを山阪川<さんざかがわ>といい、その奧には今は民家が一戸あるだけだが、かなりの水田がある。ここを山阪といい、昔、山阪正之坊<さんざかまさのぼう>という豪勇の侍がいて、大阪へ出陣の折り、餅をつくテギネ(堅杵)をほうり上げて落ちて来るところを刀で両断して、力試しをして出かけた。その時制止する女房を山阪谷の白拍子の滝で切り捨てたが、今でも女のモウネン(妄念)で滝に櫛の痕がある。


● サルスベリの木
 重里の椎平には、泉州堺で山伏となって教化の旅の途中寛永二年、この地で没した左海義弘の墓がある。この墓所には沢山のサルスベリが植えてあるが、それは僧都が死に望んで「この木が枯れぬうちは村から火事を出させぬ」と遺言したからで、今でも火災除けや病気の平癒を祈願する人がお参りに来るという。


● キネコノ宮
 幕末の頃、松柱峯地の久保家で暮れの餅つき折り、テミズをとっていた女の頭に杵が当たって亡くなったので、同家のすぐ上の大桧の所に埋めた。ここをキネコノ宮と呼び、ここに願を掛けると雨が降るといい、雨が降ればお礼に久保家で賑やかに雨乞踊をおどった。この桧も水神木である。


[HOME] [TOP]