● 一ぱいだましの石 山辺郡都祁村南之庄(旧山辺郡都介野村南之庄)
 南之庄の西方コンジツには、昔、りっぱな御殿があって、付近にたいへん悪い狸が住んでいた。毎晩人をだまして困らせるので、村人は会議の末、国津神社の前の二つの大きな石のうち、外側の石へその狸を捕らえて封じこんだ。
 狸の霊はくやしくてならぬので、その後も時々人々をなやましに出てくる。そこで村人はふたたび相談して、年に一度、けがけごもりの日に、これを慰める行事を行なうことにした。それは、村の二老さんがご幣を持って、その石のところへ行くと、後から大ぜいの子供がぞろぞろついて行く。二老さんは子供にわからないように、その場をだまして立ち去る。このことを三回くり返すのである。この行事をはじめてから村人をなやまさなくなったという。(都介野村史)


● 山辺の三井 山辺郡都祁村友田(旧山辺郡都介野村友田)
 昔、友田に山辺の三井といって、三つの井戸があった。閼伽井・日賀井・藤井がそれである。聖武天皇が堀越の頓宮で用いられたともいい、斎宮が参宮の途中、身を清めたとも伝える。そのうち閼伽井は、都祁水分神社の東北にあって、古い石燈籠があり、つぎの歌が刻まれている。
 山辺の三井を見ても神風や伊勢の乙女に相見つるかな

 (都介野村史)


[HOME] [TOP]