● 墨坂の由来 宇陀郡榛原町萩原<はいばら>
 神武天皇が兄猾<えうかし>を攻められた時、萩原の西峠に篝火を焚いて、大に威勢を張られた。その時、弟猾<をとうかし>は、篝火を消して、勢の衰へたさまを示し、そして敵を此所に導くことになされては、と申し上げた。
天皇は、それがよからうとて、宇陀川の水を堰き止め、其水で篝火を消して、敵を待受けられた。果して、敵は欺かれて大挙して攻寄せ、たうどう滅ぼされてしまった。スミ坂といふ名は、この時、篝火が消えてスミになったから、付いたものだといふ。 (笠松春彦)

● 一夜建立の塔 宇陀郡室生村室生
 昔、弘法大師が中国から帰朝される時、その地から独鈷<どっこ>をなげられて、その落ちたところに初めての寺を建立しようと思われた。
 帰朝後、諸国をまわって室生にきてみると、「八弁の蓮華の形の山(室生のお山)」に光るものがあった。それで室生の地に寺を建立された。 大師は五重の塔を一夜の内に作ろうとされた。最後に、塔に風鐸<ふうたく>をつけようとされた時に、鶏がないたのでつけなかった。それから室生では鶏をかわないという。  (菅谷文則)

● 高見山の取合ひ 宇陀郡御杖村
 高見山は大和の宇陀、吉野の両郡及び伊勢の國に誇ってゐるが、大和では現に吉野郡の区域となってゐる。是には譚がある。昔、宇陀郡の人と吉野郡の人と、此山を取合ひ、水を汲んで頂上に持って上り、平らな所にあけてみて、流れて行った方の郡が山を取らうと云ふ事にして、やってみると、水は吉野郡の方へ流れた。それで高見山は今も吉野に属してゐるのだと云ふ。(井戸八郎)
● 弘法大師お休みの石 宇陀郡御杖村神末
 神杖の杣谷《そまだに》に、弘法大師お休みの石がある。名の通りの遺蹟だといふ。(高田十郎)
● 水槽《みづぶね》薬師 宇陀郡御杖村神末
 むかし、大海人《おほあま》皇子が、敵をのがれて伊賀國に向ひ、宇陀郡の神末に達せられた時、愈々敵が迫ったので、予定の道を変へて、南谷小字杣谷といふ所へ逃げ込まれた。道端で丸太の水舩を掘ってゐた杣人が、旧に水船を伏せて、皇子を其中に隠し、自分はその上に上って、斧で船底を削って居た。
 やがて追手がやって来て、
 『女に似た男が、こゝを通らなかったか。』
へえ、通りましたが、それは、もう今朝のことで、急いで川下へくだりました。』
ときいて、急いで伊賀路に向ってしまった。皇子が、天武天皇となられてから、杣谷に七堂伽藍を建て、かの水船で五尺八寸の薬師如来を刻んで本尊とし、勅額も下された。今東福寺に傳へる薬師如来がその本尊であるといふ。(大西透音水)
● 菅野の元旦火 宇陀郡御杖村菅野
 菅野には、元旦火《ぐわんたんび》といふことがある。大晦日の夜、氏子の者は、皆々氏神に集まり、徹夜で『おほび』(大火)を焚いて、餅を焼いて喰ふ。来年の健康を祈る為である。夜半を過ぎて元旦の一、二時頃になると、其火を燈火に移して帰宅し、神棚にも供へ、雑煮のたきつけにもする。
 此事の起りは昔、行倒れの人があった。村人が之を介抱して、大火《おほび》を焚いて暖めてやると、やがて息を吹返した。かと思ふと、忽ちパッと消えてしまって、あとに沢山の小判が残ってゐた。此時の大火に在るといふ。(高田十郎)
● 辨慶のヨトトギ石 宇陀郡御杖村菅野
 菅野のイデダニの字ヨキトギといふ所に、もと、辨慶のヨキトギ石といふ大石があった。ヨキとは斧である。石は大きさ五間許、辨慶が其砥石にした者だといふ。(大正十三年の四月聞いたことに、其十年許り前、此石は打割られて、無くなったと云ふ。)(高田十郎)
● 管野のヨメアナ 宇陀郡御杖村菅野
 菅野の曽爾口谷のヨメアナといふ所に、一の洞穴がある。昔。膳椀などの食器が入用の時には、夕方この穴に向って頼んでおくと、翌朝チャンと入用の数だけ、そこに揃って出て居た。使用ずみの上は、またそこに返して置けばよかった。然るに、或る横着な人間があって、借出したまゝ返さなかった。それから食器は永久に出なくなったといふ。(高田十郎)
● 九十老と八十老 宇陀郡御杖村菅野
 昔、九十老といふ者が、伊勢から菅野に来て、小作百姓をしてゐた。肥料にする為に、人の山の裾で少許りの草を刈取った。村人はそれを問題にして、八十老といふ男を使って九十老を殺させた。管野の南にある菅野川の上流一里許、コスマといふ所に、九十老親子の墓といふものがある。別に九十老の石の臼と石の膳、碗といふ自然石がある。それを若し所有すると、妄念が祟る。現に伊勢の某が、人の止めるのも聴かずに買取っていったことがあるが、果して祟りがあったので、元に返してきた。又九十老の持ってゐた田もあって、個人の物になると同じく祟るので、今は公有物になってゐる。
 九十老を殺した八十老も、其後三年して奈良奉行所から召取られ、死刑に処せられた。ところが此あたりでは、奈良といふような所を見たものは、当時一人も無かったので、皆八十老を羨ましがり、
  八十老が九十老を殺し
   花の都をみて死ぬる
と謡ひ合ったといふ。(高田十郎)
● クラトリ坂の由来 宇陀郡御杖村桃俣
 宇陀郡室生村山粕《やまがす》から東。御杖村桃俣に越す旧伊勢街道上の峠を鞍取坂といふ。小さな山だが急峻で、昔から名高く、
  お伊勢参りして、こはいとこどこか、
  かい坂、ひツさか、鞍取坂、
  つるの渡しか宮川か。
と謡はれてゐる。昔、倭姫の命が神鏡を奉じて伊勢に渡られる途で、此坂にかゝられると風が強くて、馬の鞍が吹飛ばされた。それでクラトビ坂といふ名がついたが、其後それが訛って、今のクラトリ坂になったと云ふ。(高田十郎)
● さし杉と駒繋ぎ石 宇陀郡御杖村桃ノ俣
 桃俣川の端に、大杉といふ杉があり、その下に石がある。杉の木は辨慶がさし木にした物、石は辨慶が馬をつないだので、駒つなぎの石といふ。一説には、此の杉は常磐御前の植ゑた樹で、石は、義経の馬をつないだ石だといふ。昔から
  いにしへのしるしのためのさし杉を
    ときはの色によしつねぞ見る
といふ歌がある。(山田熊夫)
● 金像の出土 宇陀郡御杖村桃俣
 桃俣の西杉峠に、観音山といふ所がある。或る僧が、此所を通った所が、ヘンな音が聞え、光明がさした。不思議に思って、其処にのぼり掘って見ると、一寸八分の十一面観世音の金像が現れた。早速これを本尊として、庵を結んだのが、今の観音寺の元である。(萩原愛孝)
● 笛塚 宇陀郡御杖村長野
 曽爾村長野の西北、兜が岳の南西辺に、ノゾキ岩、ナガ走り、笛塚といふ所が、順々に奥の方へ数へられる。其奥を椿井谷といふ。
 天文中に、椿井谷に、大蛇が棲んで、大に人畜を害した。長野の井上喜曽といふ者が、義侠心を起して山には入り、笛を吹いて大蛇をおびき出し、つひに之を射殺した。その笛を吹いた所が、今の笛塚である。又其時、流石の喜曽も、大蛇に気を呑まれて、一時、山の口の方へ逃げた。其ながく走った所が今のナガハシリである。もうよからうと一息ついて物陰から後ろを覗いてみた所が、ノゾキ岩だといふ。喜曽の子孫の家といふのも、現に長野にある。(眞田松露、山田熊夫)
● お亀が池 宇陀郡曽爾村
 昔、曽爾の太郎路、刎ヶ辻に住んでゐた人の妻に、おかめといふ大変な美人があった。お亀は、毎朝井戸で水鏡をみるのを仕事にしてゐた。その井戸の水筋は、亀山の池から来てゐた。此頃その家の縁先には、毎朝湿った草履が脱ぎ捨てゝあった。夫が怪しんで其わけを問ふと、お亀は、其身が毎夜、亀山の池へ遊びにゆくからだと答へた。其うち子供が一人生れた。お亀は夫に向かって、
 『わたしの役目は、もう終わりました。どうぞ、今から暇を下さい。』
といって、子供を残して、直に亀山の池へ往ってしまった。
 夫は困った。泣く子を抱いて、池のそばにいって、
 『おかめ。おかめ。』
と大声で呼んだ。すると、池の中から、お亀が元の姿で現れて、乳を沢山のませて、又水中にかくれた。翌日も同じように乳をのませた上、お亀は改めて夫に向ひ、この後は、もう来ないようにして呉れと言って、かくれていった。

お亀が池周辺
 併し、あまり子供が泣くので、夫は又いって、同じく
 『おかめ。おかめ。』
と呼んだ。すると、俄に池水が騒ぎ立ち、大蛇の姿が現れて、大口を開いて追って来た。夫は肝を潰して一散に逃出した。十数丁も来て、ヤレヤレと後を顧みると、まだ大口開いてついて来る。其辺を今も大口とよぶ。男は家に帰ると直ぐ病気になって、死んでしまったといふ。それから彼の池を『おかめが池』といふことになった。
(眞田松露)

● 又(お亀が池)
 お亀が池の事で、少し異なった傳へもある。
 小川のほとりの一軒屋に、美人お亀が居た。毎夜のやうに更けてから独り出てゆき、夫は子供の泣聾で目を覚まされた。翌朝、裏の縁側をみると、水垢のついた濡草履が、ぬぎすてゝあるのに気付いた。不思議に思って、其次の夜は、泣く子供を抱いて、お亀のあとをつけていってみた。所が段々山奥に入り、二十丁も離れた瓢箪池に、お亀は入ってしまった。
 夫は、池に向かって、お亀、々々、乳のましてやってくれ、と幾度も繰返して呼んだ。すると、お亀が其池から出て来て、子供に乳をのませては呉れたは、もう自分は家に帰らない、子供は宜しく頼むと云って、又池の中にかくれてしまった。
 其翌晩になっても、成程お亀は帰ってこないし、子供は頻りに泣くので、夫は又池までゆき、お亀々々と呼んだ。お亀はまた前夜のやうに出て来て、乳をのませた。併し、此後はもう池へ往くことはならぬ、明晩もし夫が往ったら呑殺す、と凄い言葉を残して、又かくれていった。
 併し次の夜になると、又々子供が泣立てゝ仕様がないので、夫は又々池のほとりまで往ったが、今度は、いくら呼んでもお亀は出て来ない。  寒風に吹かれながら立ってゐると、忽ち大音響と共に大蛇があらはれ、ザアザアと物すごい勢で夫に迫ってきた。
 夫はビックリして逃出しながら、振向いてみると、蛇は大きな口を開いて呑まうとした。そこを今もオホクチといふ。それから五丁許かけくだり、又振向いてみると、大蛇は舌を出して立ってゐた。そこを今タテボリといふ。夫は尚も駆けつゞけて、凡そ十丁許り下り始めてイツプクした。

そして、そこに清水が涌いてゐたので、息つぎに一口飲んだ。そこを今ミヅノミと云ふ。こゝの水は、瓢箪池の水と一続きで、今でも其水で水鏡を見ると大蛇になるといはれる。瓢箪池は、此時からお亀が池と呼ばれることになったといふ。(寺前勉)

編者曰、『イツプクスル(一服)』とは、方言休む、休憩するの意。子供、動物、時計などにもすべて言ふ。

瓢箪形の「お亀が池」
● 人魚に欺かれた士 宇陀郡曽爾村御亀ヶ池
 昔、一人の武士が馬に乗って、お亀ヶ池畔を通った。その時、一人の女が、子供をだいて、向ふから来た。武士は、その女のたのみにより、その女が池で水浴びする間、子供をだいて、池畔に立って居た。あまり水音がすごく、又、あまり女の出てくるのがおそいので、池の中をすかして見ると、女は半身が魚になり、やがて水中深く消えてしまった。びっくりして、ふと自分のだいてゐる子供を見ると、冷たい石になってゐた。(前田芳弘)
● 登仙した美人 宇陀郡曽爾村
 曽爾の子籠山に、昔、不思議な美人が居た。岩窟に籠もって、草木ばかりを食べ、七人の子供を養ひながら、いつも琴や笛ばかりを弄び、愉快げに月日を送ってゐたが、ある春の日、或る自生の草をとって食べると共に、天人となって天上した。草といふのは仙人草だったといふ。(眞田松露)
● 八幡長者屋敷址 宇陀郡曽爾村伊賀見
 伊賀見に、八幡長者の屋敷址といふのがある。広々とした由ありげな所である。
 昔、江州八幡長者の子息が、悪病にかゝった為、その土地に居ることが出来ず、こゝへ隠遁して来た址だといふ。(眞田松露)
● 香落《かおち》の小太郎谷 宇陀郡曽爾村
 昔、或素封家に、一人息子があった。同地の村長の娘と婚約調ひ、もう結婚の日を待つばかりになって、俄に悪疾に罹った。困りぬいた末、父は遂に人をして息子を山に誘ひ出さしめ、高い岩から突き落して殺させた。そこが今の香落渓《かおちだに》の小太郎岩である。
 後、父親は大に其の非を悔ひ、奈良二月堂の再建に際して、其の費用の半を寄附し、又若狭井の井戸屋をも造ったが、其工事中に其身は夢の如く消去ったといふ。
 (京谷康信)
[HOME] [TOP]