● 紫地蔵 宇陀郡榛原町西峠
 西峠の紫地蔵は床下の地の中におられる。昔、ある人が願をかけると、地下から五色のご光が出てきて、たちまち眼病がなおったと伝えられている。どんな病気でもよくなおされるが、特別、眼病に霊験あらたかであるといわれ、また、このあたりに磁石があったといわれている。(菅谷文則)
● 血の出る石 宇陀郡榛原町西峠
 昔、西峠のある百姓が、畑を耕作中に大きな石が畑の中にあることを苦に思い、その石をとりのけようとしてくわで石を打つと、多量の血が流れ出た。そこで百姓は打つのをやめると血はとまった。それからこの石にはだれも手をふれなかった。
  (菅谷文則)
● 玉立《とびたち》 宇陀郡榛原町萩原
 昔、神武天皇が東遷の途中、この土地にこられて休んでおられた時に、付近の森から金の鵄がとび立った。
 「ふしぎなことである。戦いはきっと勝であろう。」
とおおせられた。それで、金のとびがとび立ったので土地を鵄立といったのを玉立ちとかわり、現在では玉立と書いてトビタチとよんでいる。 (菅谷文則)
● 一本杉・二本杉 宇陀郡榛原町上井足
 昔、弘法大師が回ってこられて、昼飯の箸を立てられたのが芽が出て、育ったのがこの杉だという。上井足に二本杉があり、不動堂に一本杉がある。
  (菅谷文則)
● 矢着きの地蔵 宇陀郡榛原町比布(旧宇陀郡伊那佐村比布)
 比布の字下座が峯というところに、二体の地蔵がある。弓張という地点から弓を引くと、ここまで達するので、矢着きの地蔵といっている。 (乾健治)
● 常楽寺の大日如来 宇陀郡榛原町山路(旧宇陀郡伊那佐村山路)
 常楽寺に木彫座像の大日如来がある。ある夜、盗人がこの仏像を背負って、いくこと数百メートル、母里《もり》との境の宿居峠を越えようとしたが、腹痛が起こって一歩も歩けなくなった。それで大日如来をおろすと、腹痛はたちまち止み、負うて行こうとすると、また腹痛を起こすので、とうとう捨てて去ったという。
  (伊奈佐村風俗志による)
● 香酔《こうずい》峯の七不思議 宇陀郡榛原町赤瀬
 香酔山は香水山とも書く。山の頂に龍王神社がある。ひでりには雨ごいがされる。南のふもとに勝泉があり、臍水《へそのみず》という。ここに香酔峯の七不思議がある。

(1) 不入の柱
(2) 月の輪
(3) 臍の水
(4) 金平の貝石
(5) 吐山の風穴
(6) 鍋倉の岩
(7) 飛び鐘

月の輪は、月の輪の形に白く何も生えていないところがあるからである。金平の貝石は、貝ケ平とともに珍しい。(横田左門・乾健治)
● おんば坂 宇陀郡大宇陀町牧(旧吉野郡上龍門村牧)
 常盤御前がおんば(乳母)を連れてきて休んだ坂を、「おんば坂」または「うば坂」という。(岸田定雄)
● 子授け地蔵 宇陀郡大宇陀町粟野(旧吉野郡上龍門村粟野)
 大蔵寺の弁事堂に、もとここへ地蔵堂のあった地蔵座像が安置されている。延応元年の銘のある鎌倉時代の長信作という、りっぱな木像であるが、今は赤い頭巾をきせてある。子授けの地蔵さんとして信仰され、子を授かりたい人は、この地蔵のご分身である一センチあまりの千体地蔵をお授けして自宅でまつり、子供が生まれると、男なら男の着物、女ならば女の着物を着せてお礼参りをする。それで、この子授け地蔵のかたわらには、たくさんの子供の着物を着せた千体地蔵がまつられている。(仲川明)
● 向淵《むこうじ》の五不思議
 昔、聞号《ぶんごう》法師が向淵にきて、五不思議があるといって、つぎの五つを申したと伝えている。
一は、雷が一度も落下したことがないこと。
二は、二つの淵があること。
(飯降淵《いぶりふち》と龍王淵《りゅうおうふち》)
三は、七ヵ所に井戸があって、旱魃が打ちつづいてもかれないこと。またどんなに雨が降っても、にごらないこと。(七つ井戸)
四は、峯の君とよばれる水晶山があること。
五は、癩病《らいびょう》にかかる者が絶無であること。これは井戸水が清いためだといわれている。(高岡哲二)
● 掛《よろいかけ》松 宇陀郡室生村室生
 室生の字くわんじょ松というところに、鎧掛松というのがある。昔、義経が鎧をかけて休んだところと伝えている。(宇陀郡史料による)
● 長者屋敷跡 宇陀郡室生村笠間(旧山辺郡東里村笠間)
 笠間《かさま》に長者屋敷跡がある。昔、この屋敷跡にふたりの乞食がいた。ある日、ひとりの乞食が眠っていると、一匹の蜘蛛が鼻の穴へ入り、また出てきた。乞食は目をさまして、
 「このあたりに千両箱が埋めてある。」
と夢の中で見たことを話した。これを聞いていたいまひとりの乞食は、
 「あの夢はきっと、蜘蛛が告げたに違いない。蜘蛛は泉水から出てきて、泉水へはいっていったから、千両箱は泉水に埋めてあるに違いない。」
と思って、眠っていた乞食のいないまに泉水を掘った。するとそこから案に違わず千両箱が出た。乞食はこれを持って伊勢の町に出て商売をはじめた。だんだんと店は繁盛して、乞食は大旦那におさまっていた。
 眠っていた方の乞食は伊勢へ流れてきて、この大きな店の前を通り、ふと中をのぞくと、その中にいる旦那は、かつて笠間の長者屋敷にいた乞食であった。店の旦那もその乞食を見て驚き、ていねいにもてなし、
 「実はあの長者屋敷の泉水から出た千両箱三つを資本《もと》に商売をしたのだ。どうか昔のことをいわないでくれ。」
と哀願した。眠っていた方の乞食は、
 「それならば、わたしの見た夢に七つ埋めてあるということだったから、これから行って掘り出そう。」
というので、ふたりは笠間へ出かけた。そして長者屋敷を掘ってみると、残りの四個の千両箱も出た。そこで眠っていた乞食は三個を取り、残りの一箱をふたりで分けた。そして、その乞食もそれを資本にして大阪で商売をはじめた。今もなお両方繁盛しているということである。 (中尾新緑)
● 鼻血石 宇陀郡御杖村神末
 神末《こうずえ》川の小須磨付近の岸に大きな石がある。表面に凹所があり、そこへたまった水をいぼにつけると、不思議によくきくといわれる。この石に小石などを投げると、すぐ鼻血が出るので鼻血石といわれる。(岡本伸平)
● 小屋の大日如来 宇陀郡御杖村神末小字小屋
 もと伊勢の国三多気にあった大日如来の像を、敷津の人が自分の土地へもってこようとした。ところが、像を運ぶ道のなかば、三多気がひと目に見えるところまできた時、像は急に重くなって動かなくなった。それで、そのまま、この小屋の地にまつられたという。  (岡本伸平)
[HOME] [TOP]