● 米高岩 五條市小島町(旧宇智郡宇智村小島)
 栄山寺境内にある忠魂碑の石は、元来、米高岩といって、音無川の淵の上流にあったのである。この名の起こりは、もしこの岩の下方が水中に没していたら、その年の米の出来高は平年並みで値も平年高、また、下方が水面上に出てきたら出来が悪くて、値が高いといわれた。(香久山昌純)
● 米安地蔵 五條市小島町(旧宇智郡宇智村小島)
栄山寺から吉野川上流ニキロほどの川の中に米安地蔵というのがある。北岸には極楽谷・地獄谷といわれる二つの谷があり、そこを通る街道の上から、米が安くなると吉野川の川底に長々と地蔵様が現れるのを拝むことができると伝えている。
 (亀多桃牛)
● 栄山寺の鐘 五條市小島町(旧宇智郡宇智村小島)
 栄山寺の鐘は天下の三大鐘といわれ、その鐘銘は小野道風《おののとうふう》の書であるといい、もとは道澄寺《どうちょうじ》の鐘であった。この鐘を造る時、寺で喜捨《きしゃ》を募ったところ、ある貧乏な人が寺にきて、「わたしは金も財産もありません。あるものは家とふたりの子供だけです。どうかふたりを金の代わりに取って下さい。」といった。寺の坊さんは喜んでこの請《こい》をいれ、子供ふたりを寺に置いて養っていた。ところが鐘を鋳る時になって、ふたりの子供が、不意に見えなくなった。どこかで遊んでいることと思って、あまり気にもとめなかった。ところができあがった鐘を見ると、それにはふたりの子供の姿が鋳こまれてある。今でもよく見ると、それが見えるという。(西尾八起)
● 大蜘蛛 五條市小和町(旧宇智郡北宇智村小和)
 小和に沢の森という泉のわく森がある。また、居伝にも森池という池がある。
 昔、この辺に大蜘蛛がいて、暗夜この両池間を往来して通行人をおびやかした。雨の暗い夜は、今も出没することがあるという。
  (北宇智村郷土調査による、吉川星一)
● 弓の名人 五條市住川(旧宇智郡北宇智村住川)
 北宇智駅の南方にずいぶん古い石碑が立っている。この石碑の主は、その当時、非常な弓の達人であった。かれはあるはやけ年に、人が懸命になって天をにらめば雨が降るということから思いついていて、弓でも射たら天気が崩れるかも知れぬと考えて、手なれの強弓をうんと引きしぼって絃《つる》を放った。ところがその矢は四キロも離れた阿田の代官所の壁を突きぬき、代官の胸にぐさりと立った。あとでこのことを聞いたこの矢の主は、いかにも申し訳がないといって、ただちに切腹して果てた。この石碑はその菩提のために建立したという。(仲本千明)
[HOME] [TOP]