● お箸塚 五条市今井町(旧宇智郡宇智村今井)
 昔、荒坂峠のところに荒坂長者がいた。この長者はおかねがあり過ぎるので、どうかしてこのお金をなくするようにと思って、毎日毎日ご飯のたびごとに、はしを代えて食べることにし、一度使ったはしは同じ場所に捨てさせた。それでついにお箸の塚ができたそうである。それと共にさすがの長者の家運も傾いてきて、没落してしまった。(松田良久)


● 御霊屋敷 五条市 三在町西山(旧宇智郡宇智村三在)
 西山に小字御霊谷というところがある。これは御霊様(井上内親王)の屋敷だといい伝え、ここへ足を踏みこんだり、伐木などすると、たたりがあるという。現にここへ入植した人が松林を伐ったために、たたって死んだという。(阪之上夏三)


● 垣内境の地蔵 五条市宇野・三在(旧宇智郡宇智村宇野・三在)
 宇野と三在の垣内境に大きな榎≪えのき≫が立っている。昔、この木に雷が落ちたとかで、その根元に大きいしめなわを張りめぐらして、地蔵さんを祭ってある。両垣内共同でお祭りしているが、昔から、この両垣内の者が団体でどこかへ行くようなときは、必ず雨に合うと伝えられている。(岩倉正種)


● 水神地蔵 五条市五条町(旧宇智郡五条町)
 五条町の神宮寺の西の方に、水神さんという石地蔵がある。石地蔵のかたわらには、昔から水のかれたことのないわき水があり、切傷その他いっさいの傷は、その水で洗うと、二、三日中に全快するといわれている。(高井利輔)


● 龍宮の窟≪いわや≫ 五条市滝町(旧宇智郡南阿太村滝)
 滝の車谷に接近した山の中腹に龍宮の窟があり、いつも霊泉をたたえている。夏でも冷水のため薄い霧がただよう。現在では鉄棒で垣をし、安政二年九月に建てた花立てがある。この窟は奥行七メートル、高さ三メートルもあり、ここから牛の沓を流したら、一・五キロも離れた吉野川の土馬≪どば≫というところに流れ出たといわれている。(亀多桃牛)


● 滝鍛冶≪かじ≫とてつやま 五条市滝町(旧宇智郡南阿太村滝)
 滝は大和時代の古刀の名匠、天国虎王丸の居住地であると伝えられ、滝瀬・滝王丸・滝福・滝鶴などの刀匠があいついでここにいたという。阿太≪あだ≫中学校の東北の山を「てつやま」というのは、それに関係があるといわれている。
  (亀多桃牛)


● つんぼ地蔵 五条市車谷町(旧宇智郡南阿太村車谷)
 車谷から市塚へ行く道に、石の地蔵さんと薬師さんをまつった草ぶきの一宇があり、松の老樹が高くそびえている。耳の悪い人は穴あき石を供えて祈願すると直るといい伝え、穴あき石が山積されている。(亀多桃牛)



● 南阿陀≪あだ≫の大野原 五条市南阿太町(旧宇智郡南阿太村阿田)
 弘法大師が旧宇智郡に七つの墓を作って加持をされたが、七墓で一番最後に総加持をされたのが、大野原、または阿陀の大墓といわれ、規模も七墓の随一。南阿田町の中央の南の大丘陵の中にあり、藤原良継の大塚山の墓もその上にある。
  (亀多桃牛)


● 明神岩 五条市滝町(旧宇智郡南阿太村滝)
 滝町芝崎に明神岩というのがある。井上内親王の宮をわける時に、滝村の人がご神体を奉じて帰ったが、他村の人々が、とりもどそうと追いかけてくるので、命からがら滝領に逃げ込み、この岩でしばらく休まれたので、明神岩と呼ぶようになった。(亀多桃牛)


● 天福寺の弁財天 五条市滝町(旧宇智郡南阿太村滝)
 滝町の奥の垣内≪かいと≫に弘法大師作と伝える弁財天をまつる天福寺がある。元は丸山にあったが、慶応三年に阿闍梨洞照が今の地に再建した。この弁財天はもと竹生島にあったが、この地に移り、さらに天の川でまつられていたが、一夜、夢のお告げで、滝の天福寺へもどりたいとあったので、ここへかえられたという。
  (亀多桃牛)


[HOME] [TOP]