● 吐山《はやま》の鯢魚 山邉郡都介野村吐山
 吐山の定福寺の前の小川に、小鯢が沢山いる。昔、慈覚大師が放ったものだという。この小鯢を食べると、どんな病でも治ると言われる。 (乾健治)

※鯢魚とは、山椒魚《サンショウウオ》のこと。


● 皮むき峠 山邉郡都介野村
 都介野に、皮むき峠というのがある。昔、村きっての金持ちの娘お露という者が、悪疾に罹った。ひそかに四国巡礼に出すことにして、母親が、村はずれの此の峠まで送り出した。ところが娘はその翌日、すぐ家に戻って来た。その次の晩には、父親が峠まで送ったが、娘は又戻って来た。それで三度目には、兄がお露を峠まで送り、なおかれこれいうので、遂に手にかけてしまい、面の皮をむいて人相を紛らわし、屍を雪に埋めて帰って来た。皮むき峠の名は、ここから始まった。ところが、兄が帰ってみると、死んだはずの妹がチャンと兄より先に家に帰って居たので、兄は気絶してそのままになったという。(乾健治)


● 嫁入の通られぬ処 山邉郡都介野村藺生
 藺生《ゆう》の並松堤に、女郎塚、馬塚という二つの小塚がある。昔、宇陀郡の東郷の娘が、馬に乗って嫁入をする途中、この堤にかかると、どうしたハズミか、馬は前脚を折って倒れ嫁は馬から転がり落ちて、馬も人も共に死んでしまった。二つの塚は其為のものである。
 村人は、これを築籠《つきごめ》と呼んでいる。嫁入の行列は、爾来ここを通らない。若し通れば、荷物は皆塚に取られ、嫁は命が無くなると伝えられている。
 (乾健治)


● 大蛾山の明神の由来 山邉郡都介野村
 都介野の東に大蛾山という茂山があり、入口に壊れかかった木鳥居が立っている。大蛾の明神とて、大に畏れられる所である。
 元来ここは神社ではなかった。其昔、大蛇が棲んでいて、薪でも取りにいった者は、皆帰って来なかった。それで後々は、其森に足を入れる者もなくなり、木は茂るばかりとなった。
 今も其大蛇は生きていると言われる。若し此の森の木を伐って建築にでも使うと、其家は必ず禍を蒙り、実例は、後へ後へと出てくる。それで近年に至って、入口に鳥居を立てて神社とあがめる事になったのである。(下岡土太郎)


● 笏指池 山邉郡福住村福住
 福住の字コホシタというところに、面積九十三坪ある円形の池がある。
 天武天皇が伊勢大廟へ御参拝の途中、池の景色が御目にとまり、笏を以て、清水を一杯汲んで欲しいと命ぜられた。それからこの池を笏指池と呼ぶことになった。
 (乾健治)


● シャクシキ池 山邉郡福住村福住、南田
 福住の小字南田に、シャクシキ池という池がある。伊勢街道に沿い、大きくて常に清く澄んでいる。奈良朝時代の或天皇が、伊勢参宮の時、この池の水が、あまりに美しいので、これを奈良へ持って帰れ、とシャクイタで指示された。それ以来、シャクシキ池という名がついた。
 此の池の水は、奈良の猿沢池に通じている。若し此の池にはまると、猿沢池に浮かぶという。(辻内耕作)
 編者曰、此の話は前掲の『笏指池』と同一場所の事であろう。シャクイタとは笏のことである。


● 牛足石 山邉郡丹波市町苣原
 苣原《ちさわら》の瀧の堂の北、道端に牛足石というのがある。昔、牛の踏んだ足形というのが残っている。(乾健治)


[HOME] [TOP]