● 馬の足形 山邉郡丹波市町豊井
 豊井のハタノ井デの下流に、馬の足形といふ淵がある。昔、馬が附けた足形といふものが、石に残ってゐる。(乾健治)
● 梅さんの鏡 山邉郡丹波市町豊田
 昔、豊田に、梅さんと云ふ貧しい油屋があった。或夜の夢に、愛宕山へ登って行くと、薄《すすき》の中から美人が一人現れ、忽ち消えて其処から光明がさした。翌日其処と思はれる所を掘ってみると、一枚の古鏡が出てきた。朝夕お燈明をあげて祭るうちに、村一番の金持ちになった。其後、人にだまされて、鏡を或金持ちに譲ったら、それから急に仕合わせがわるくなり、村にも居られなくなって、何処かへいってしまった。(乾健司)
● 狐塚 山邉郡丹波市町豊田
 豊田の東に、狐塚といふのがる。昔、開墾の目的で之を堀崩した人がある。中から箕に二杯ほどの寶物が出た。ところが其晩になって、荒々しく其家の門を叩く者がある。出て見ると誰も居ない。戸をしめて内へ入ると又叩く。幾度も此様にして居るうちに、其人は頸が曲がって動かなくなってしまった。
 是は、狐塚に居る古狐の仕業であらうと思って、翌朝もとの通り寶物を埋め返すと、やがて又元の身体になった。(乾健治)

● つのの森 山邉郡丹波市町豊田
 豊田に、西の森といふのがある。元は『つのの森』といった。昔、春日明神が、鹿に乗って奈良へ還って来られる時、鹿の角が此処で落ちたからの名だといふ。
 (乾健治)

● 草を食ふ魚 山邉郡丹波市町杣之内町
 杣之内町の内山、永久寺址に本堂池といふのがる。後醍醐天皇が南遷の時、ここで御馬が嘶いて、追跡する敵に知られさうなので、天皇は、御劔を抜いて其馬の首を斬落とし、御身を茅の中に隠された。
 其時、落ちた馬の首は、此池に転び込み、三度水上をまはって沈んでいった。其後、それが小魚に化し、草を食ふので馬魚と呼ばれる。今は杣之内の小字木堂《きだう》の、鈴木氏の泉水に棲んで居る。(乾健治
● 三島 山邉郡丹波市町三島
 昔、大和が泥海であった頃、三つの小島が浮かんだ所があった。それを三島と呼んだのが今の三島だといふ。(乾健治)
● ズンゴエ地蔵の狐 山邉郡丹波市町丹波市
 丹波市の島田に、ズンゴエ地蔵と云ふのがある。原因なしに毎年其堂が焼け、焼ける度に大きく造り替へられる。
 昔から、夜、この堂の前を通りかかると、溝に橋が架かって居り、渡りかけると橋は消えて人は溝に陥る。併し一向濡れた者はない。甞て或男が、夜、郡山から帰ってくる途中、ここで美しい女に逢ひ、覚えず抱き附いてみると柊の木であった。
 これらは、昔から此処に棲む狐の仕業だといふので、それを小佐明神とあがめて、地蔵堂内にいはひ込められて居る。(乾健治)
[HOME] [TOP]