● 霧深い村 吉野郡野迫川村
 野迫川村は霧が深い。是は、昔、弘法大師が来て、弁天さんの水の珠を盗み、追いかけられて、捕われそうになった時、霧を下して難をまぬがれた時からの事である。(太田清治)
● 野川弁才天の由来 吉野郡野迫川村柞原
 昔、弘法大師が高野山を開いた時のこと、良い水が湧かなかったので、吉野郡天川村坪之内の弁才天へ水の玉を借りにいったが、聴かれないので、弁才天の留守の間を窺い、水玉を盗んで出た。
 後に弁才天は之をさとり、急いで弘法大師の後を追った。野迫川村今井の近くまで来た時、大師の姿が見え出した。大師は一所懸命に逃げて、同村平川の下の坂まで着いた頃には、余りの苦しさに泣き出した。それで此の坂を今も泣坂という。大師は、遂に坂の中途にヘタリこみ、霧吹きの印を結んで濃霧を起こし、姿をかくして、辛うじて高野山へ帰着した。そして水の玉を埋めると、忽ち麗水が湧き出した。
 一方、弘法大師は見失った弁才天は、水の玉なしに坪之内へ帰っても仕方がないので、今の野迫川村柞原の弁才天社のある所を住所とせられた。そして、其の後、弘法大師も弁才天から赦され、現在の野迫川村野川の弁天社を、建立したとのことである。(大西義若)

● 文蔵淵 吉野郡野迫川村今井
  小 代《こしろ》坂 本 昼 寝 が 出 来 ん
    淡 路 文 蔵 が 殺 さ れ た。
 昔、淡路から吉野郡大塔村の坂本に、文蔵という若者が来ていた。近所の女と恋仲になった。坂本と小代との若者達が、之を妬んで、えらい目にあわしてやろうと牒し合せた。
 或日、文蔵が昼寝している所を窺い、綱でくくって橋の上から淵に釣り下し、水の中に浸したり出したりしている間に、綱が切れて文蔵は死んでしまった。
 是より、文蔵の妄念の為に、若者達の血統が悪くなり、家が絶え、親類までが悪くなったという。(吉岡清治)
 参照。吉野郡『政吉踊り。』

● 北股の将軍塚 吉野郡野迫川村北股
 吉野郡野迫川村北股に、ショウゴン塚というのがあり、応永二十四年の銘ある宝篋印塔がたっている。ここは、昔、雪まじりの霰ふる日、田村将軍が戦争に負け、饑餓に迫られて、家来十人ばかりと共に、ここに落ち延び、或老婆の呉れたカシライモを食って、皆死んでしまった所である。其命日は旧暦十月六日で、今も厳かな祭りが行われ、カシライモの煮たのが供えられる。且つ此日には、必ず霰か雪かが降るという。(杉田定一)
● 七浦見える墓 吉野郡野迫川村檜股
 吉野郡野迫川村檜股の方峠の頂上に、高さ三尺、厚さ五寸許りの、自然石の墓標が一つある。
 「私が亡くなれば、どうか七浦見える所へ葬ってお呉れ。」
と遺言して死んだ鶴姫の墓である。ここは大変見晴らしがよい。併し浦と名のつく所は、加太浦、和歌浦など、六つしか見えないので後の人が、麓にある紀州領の山里を、相之浦と名付けて、合わせて七浦にしたと云う。(杉田定一)
● かま淵 吉野郡野迫川村檜股
 野迫川村の檜股に、かま淵というのがある。昔、名人の猟師があった。或日のこと、いくら山をかけまわっても、何もとれなかった。日暮になって帰りかけた時、始めて前方でガサガサと音がして、一匹の白鹿が現れた。猟師は喜んで、狙い打ちをしたが、鹿は平気で逃げ出した。だんだん追いかけて、遂に川の中へ追い込み、メチャクチャに鉄砲をうったが、中ったはずだのに、どうしても斃れない。最後の『アミダだま』を打った時、始めて手答えがあった。鹿は一声わめいて、そのまま水中深く沈んでしまったと思うと、俄かに血の波が荒れ狂った。
 ここが、即ち『かま淵』である。今でも、底には一尾の大きな鯉がいるといわれる。(大西義若)
● 維盛塚 吉野郡野迫川村平
  山 の 安 田 の 彌 助 の 山 に
   杣 や き こ り は 絶 え や せ ぬ。
と謡われているのは、紀州高野山の奥、湯川の里の豪家、代々小松彌助と名乗る者の事、三位中将維盛の子孫だという。嘗て、彌助の娘が、野迫川村の立里荒神に参詣の途中、水ヶ峯の度宿に宿った。其赤い鼻緒の履物に眩惑された若い衆の一人が、ソッと之を履いてみようとした所、鼻緒は、いつの間にかプッツリと切ってあって、他人の狼藉は許されなくなっていたという。
 その先平ノ維盛の塚というのが、野迫川村の平にある。ここは家数二十戸の寒村で、塚の上には、周囲三米にも余る大山桜が一本、春ごとに昔ながらの色を見せている。(杉田定一)
● 天狗見茶屋 吉野郡野迫川村
 吉野郡野迫川村に、天狗見茶屋というのがある。嘗て山上参りの一行が泊まって、夕食の時になって見ると、今まで居たはずの若者が一人、見えなくなって居り、ついに帰らなかった。
 この家には、天狗の間といって八畳の間がある。今から百年程前、この家に仙太郎というヤクザ息子があった。親のいう事は一切きかず、仕事もせずに遊び廻っていた。或夜、
 「ヤョ仙太郎、よくきけ。汝今より心を改めて真人間になればよし、さもなければ、以後の見せしめにコラシめるが、どうぢゃ。」
という。仙太郎は、
 「ナニクソッ。」
と天狗に飛びかかっていった。天狗は怒って仙太郎を片手で掴み、外から天狗の間へ投げ込んだ。それから仙太郎は『アホスケ』になって、間もなくしんでしまったと云う。(大西義若)
● 政吉踊り 吉野郡大塔村阪本及小代
 昔、吉野郡大塔村阪本へ淡路主水と云う若者が来て住んだ。大へん美男で人望があったので、村の若い人達はこれを妬み、主水を川の淵へつれて行き、縄でくくって釣り下げ、淵へつけては出しつけては出しして、なぶり殺しにしてしまった。此の事がお上へ知れて、犯人の吟味があったが、村の人達は誰も知らない知らないと云い出したので、庄屋は非常に困った。その時、中村政吉と云う者があった。わざと村人の犠牲となり、犯人と称して処刑されたので、村の人達は皆助かった。政吉が、村を出る時、村人達は政吉に、御恩返しの事は何でもしようと云うと、政吉はかねて踊りが大好きであるから、私の命日には、踊りをやってさえ呉れれば好いと云ったので、村人は恩返しの文句を織り込んだ歌を作り、毎年旧盆にそれを歌って盛に踊っている。それを政吉踊りという。
 現在も政吉の子孫は阪本に居る。又、主水が沈められたと云う淵は、主水淵とて現に残っている。(前田泰)
 参照。吉野郡『文蔵淵。』
[HOME] [TOP]