● 金精《こんしょう》大明神 (吉野郡吉野町)
 吉野山の鎮守を金精大明神という。聖徳太子が黒駒にのって、この明神にお参りになった時、明神がつぎのようにおっしゃった。
「そもそも、この明神が吉野の峯に天降ったのは、ひとえに弥勒出生《みろくしゅっしょう》、仏法擁護《ぶっぽうようご》のためである。昔、欽明天皇の御代、丁巳《ひのとみ》の年の春の頃、天竺霊鷲山金剛窟《てんじくれいしゅうざんこんごうくつ》のうしとらの隅が破裂して、万里の滄海《そうかい》を過ぎて、緑を吉野山に占めた。この土が黄金のかたまりであった。すべて、そこの黄金は弥勒出生の時に、あまねく閻浮堤《えんぶだい》の大地にのべ敷くためのものであるから、この黄金を守護するために天降ったのが、この金精大明神である。」
 (吉野山独案内による)

● 丹生の川上 吉野郡東吉野村小(旧吉野郡小川村小)
 神武天皇が戦勝祈願のため、親祭になった丹生の川上は、東吉野村小《おむら》の丹生川上中社の境内であると伝える。ここの象山《きさやま》には、「神武天皇聖蹟丹生川上」という顕彰碑が建っており、象の小川、夢淵などはこの付近であるといわれている。(森口奈良吉)
● 三尾の御井 (吉野郡吉野村三尾)
 三尾の弁財天は、吉野宮の飲料水となった三尾の御井だという。弓削皇子の「弓弦葉の御井の上より…」の歌の井戸がこれであるといい、今も神水とされている。 (森口奈良吉)
● おうまえつぼ 吉野郡東吉野村(旧吉野郡四郷村)
 国見ケ嶽から二キロほど北方に」、東吉野村と三重県飯南郡波瀬村と、同じく森村との境があり、この付近に大きな壺状をした岩が横たわっている。昔、頼朝に追われた義経は、この山奥に逃げてきて、しばらく天下の形勢を静観していた。その時、義経は愛馬に与える水をこの岩壺から汲みとったので、この岩壺を「おおうまえつぼ」というようになった。(岸田文男)
● 大鏡池の美女 吉野郡東吉野村大又(旧吉野郡四郷村大又)
 今から六五〇年ほど前、当時、吉野地方随一の長者、三尾の木屋長左衛門が大鏡池に舟を浮かべて豪遊したことがあった。大鏡池は薊岳《あざみがだけ》の八合目ぐらいの標高一一八三メートルのところにあり、満々と水をたたえ、周囲は五〇〇メートルもある。
 いくつかの舟に地方の娘をはべらしての豪華な舟遊びであったが、舟には八和田村(今の大豆生)の矢師勘兵衛の美しい娘も乗っていた。春の日も傾いた時、木屋長者が金扇をかざして夕陽を呼びもどした。すると、たちまち四方から黒雲がむらがってきて大雨となり、みんなほうほうのていで逃げて帰った。その夜、天候が回復してから、弟の丈左衛門は三人の若者を連れておわびに行った。ところが、ここの天狗《てんぐ》の俎板岩《まないたいわ》のところで、天狗にさらわれて一しょに宴会した。ふと池の方を見ると裸で泳いでいる美女がいる。よく見ると、昼の八和田の娘にちがいない。しばらくすると天上から天女が舞いおりてき、娘は天女のおろした衣を着て、一しょに天上してしまったという。また、良山上人という高僧が、薊岳の中腹の窟にいること五〇年、両壁の石灰岩に天女に生まれ変わった由来をまんだらに刻み、お祭りしたという。これを聖《ひじり》の窟といい、深さ二〇メートル、なおその奥は深いが、それを極めたものはない。
 (山本静香)
● 矢師助五郎の五輪塔 吉野郡東吉野村大豆生(旧吉野郡四郷村大豆生)
 八和田村は今の大豆生のことだが、ここには小川城主に仕え、伊勢の落方城まで攻めて行った矢師の助五郎という豪の者があった。紙屋の牛若や、大根の甲兵衛と共に小川城の三勇士とうたわれた郷士で、弓は十八人力の威力を持っていたといわれる。大豆生の山上こうべ塚から高見嶺を通る敵兵十六人をねらい討ちし、十一人まで射殺して、那須与一の再来とうたわれた。歴戦の勲功によって恩賞は望み次第つかわすといわれたが、辞退して、死んだら五輪塔を建ててほしいと申しでた。汲泉《きゅうせん》寺の裏山、薬師堂の近くにあるのがそれであるという。
 (山本静香)
● 大鹿の怨霊 吉野郡東吉野村大又(旧吉野郡四郷村大又)
 およそ一〇〇年ほど前、大又部落に忠蔵という猟師が住んでいた。ある日、薊岳の方へ猟に行った。古い池のほとりで休んでいると、ザワザワと木の葉のさわぐような音がして、数十年も経たかと思われる三又の角の大鹿が現れた。その鹿が人間がいることに気づきながら、逃げようともせず、こちらを眺めている。忠蔵はすぐ大鹿めがけて一発射ち放った。弾は大鹿の眉間にあたって池の中に落ちこみ、水面に大波紋をおこしたかと思うと、池一面がまっ赤になった。いかに大鹿とはいえ、わずか一頭の血しおでこんなにまっ赤に染まるわけがない。不思議なことだと思うと、急に恐ろしくなり、忠蔵はすぐ帰宅したが、発熱して三日三晩うなりつづけ、四日目に目がかすむといい、六日目に全く失明した。それから一ヵ月ばかり床についたが、ある日、鹿の幽霊が出て、こちらをにらんでいる姿に、恐怖の叫び声を続けながら遂に息が絶えた。
 その死語二年ほどして、古池は土砂に埋まってしまい、それと同時に薊岳頂上のすぐ下に、現在の大鏡池が出現した。
 大鹿は古池のヌシで、それを殺したから忠蔵はたたられたのだと、大又の人々は今でも思っている。(岸田文男)
● 天狗のまないた石 吉野郡東吉野村大又(旧吉野郡四郷村大又)
 小鏡池の南一〇〇メートルほどのところに、長さ二メートル、幅一メートルぐらいの、平たいまないたのような自然石がある。天狗のまないた石といい、近よるとひどい目にあうといって、そばへ行く者もない。大又付近の猟師やきこりでここを通る人たちの話では、まないた石の上には時々猪などの動物の肉が裂かれて、死骸が横たわっていることもあるという。この天狗のまないた石には、つぎのような話がある。
 昔、大又部落に又五郎というなまけ者がいて、村人に迷惑をかけ、皆からきらわれていたが、ある日、突然行方不明になった。村人があちことさがしたが、なかなか見あたらない。心配していると、村の長は、
「残す場所は、われわれの恐れる薊岳から大鏡池一帯の地だから、あすは、この方面へさがしに行ってもらいたい。」といいわたした。
 村人は恐ろしかったが、翌日、魔の山を目指して登った。村の長はみんなをはげまして大鏡池の方へ進んだ。あたりをさがしはじめた時、だれかが、
「天狗のまないた石の上に黒いものがあるぞ。」と叫んだ。近よってみると、又五郎が横たわっていた。村の長がしらべてみると。おびただしい傷がある。しかし、息があるので、村へつれて帰った。又五郎は人事不省であったが、十三日目にわけのわからぬことを口走るようになった。そして村から消えてからの経過について、つぎのように語った。
 「大酒を飲んだ上、村で一番美人のオハナという娘にいたずらしに行こうと思って、家から三町(三百メートル)ほど歩いた時、突然行くてに恐ろしい怪物がつっ立った。この怪物は、『おれは薊岳の天狗だ。お前のような悪い奴はヒドイ目にあわせてやる。』といって、又五郎を軽々とさし上げた。それからどうなったかわからなかったが、やがて大きな石の上におろされた。そして『お前の根性を直すためにこらしてやる。』といって、身体中を打った。何か大ぜいの人たちの話し声に目を開いたら、自分のうちに寝ていた。」
 村人は薊岳の天狗が、又五郎をこらしめたのだと思った。又五郎は生まれ変わったような善人になったという。 (岸田文男)
[HOME] [TOP]