烏帽子形八幡神社
えぼしがたはちまん

Google マップ(to:烏帽子形八幡神社)

ご祭神 素盞鳴命
足仲彦命
神宮皇后
応神天皇
鎮座地 大阪府河内長野市喜多町305
   
 

 
 烏帽子形八幡神社は、河内長野市喜多町西方にある網干形城跡の東山腹に社殿があり、創建の年月は詳からではないが、昔烏帽子形山には所謂河内七城の一なる烏帽子形城と言う一支城があって、楠二郎が拠っており、その頃北の城の鎮護として創建祭祀したものと伝えられている。
 神社は、その後久しく荒廃していたが、文明十二年(西暦一四八〇年室町幕府足利義肖の時代)河内源氏の末裔と言われる石川八郎左右衛門尉が、新たに入母屋造りの社殿を建立した(現在の社殿はこの時の姿に復元されている)。
 後、室町時代に一度修理されたのみで、荒廃していたものを、楠氏の後裔と言われる甲斐荘喜右衛門正保が、元和三年(西暦一六一七年徳川家忠の時代)大阪天王寺の普請奉行を勤めた時、その竣工後、自分の居城の鎮守が甚だ荒廃しているのを嘆き、其の余材を以て引き続き、修繕造営し、元和八年(西暦一六二二年)八月上棟した。尚、この神社の境内には、正保寺、特寿院と称する天台宗の宮寺があり元は高福寺と呼ばれ、本尊に釈迦と聖観音を祀っていた。
末社 烏帽子形恵比須神社
(島根県美保神社御分霊)
この寺は、楠正成の信仰篤く、大般若経の転讀を行い、後村上天皇が賊難を吉野にさけ給う時、特にここの梵鐘を持ち運ばれたと言われる。この梵鐘は「河内国高福寺鐘康永元年(西暦一三四二年)癸午八月楠氏奉献」の由来が刻まれており、今も奈良県賀名生の堀家に所蔵されている。
末社 比良野社(平野社)
 寛永年中(西暦一六二四年〜一六四二年)より、徳川将軍の命により、徳寿院は観心寺の榎本院、経蔵院、五智院、理趣院、心王院、威徳院、真福院の衆中より、僧衆五人宛六人で当社において、天下泰平の祈願の為、正月、五月、九月に永代般若経の転讀を行ったが、この経巻は楠氏一族の寄付により、今は観心寺に所蔵されている。
末社 稲荷社
(伏見大社御分霊)
 本殿は所輪二十五年重要文化財に指定され昭和四十年七月より解体修理し、四十一年九月竣工、文明十二年当時の姿に復元された。建築様式は、桁行三間、梁間二間、入母屋造檜皮葺、身舎は円柱、正側三方に縁をめぐらし、中央に五段の木階をつける。宝珠の高欄を供え、側面後端に脇障子をおき、向拜は三間の総向拜で向拜床浜床を設ける。内部は、内陣と外陣とに分かれる。
 本殿の建立年代は、棟札、及び、保存修理工事中、棟東の墨書の発見によって文明十二年(一四八〇年)であることが判明した。
 甲斐荘喜右衛門正保の子、正述は当時長崎奉行の職にあり万治二年(西暦一六五九年四代将軍家綱の時代)より三年にわたり八幡神社の境内に位牌堂、経堂、上下の鳥居を建立したが、位牌堂は現存しない。 
明治初年、神仏分離により宮寺を廃絶し、神社のみ明治五年村社に列し、明治四十年十月十九日大字小塩字宮山の村社八幡神社を合祀し明治四十一年十二月神饌幣帛料供進社の指定を受けた。

例祭日 十月十日
BACK