伏見稲荷大社
ふしみいなり

ご祭神 宇迦之御魂大神 下社(中央座)
    佐田彦大神   中社(北座)
    大宮能売大神  下社(南座)

    田中大神    田中社(最北座)
   ※下社の摂社
    四大神     四大神(最南座)
   ※中社の摂社

鎮座地 京都府京都市伏見区深草薮之内町

Google マップ(to:伏見稲荷大社)

アクセス
 京都駅よりJR奈良線「稲荷」駅下車

 または、京阪電鉄「伏見稲荷」駅下車
  伏見稲荷大社の起源については「山城国風土記」の逸文に《秦中家ノ忌寸等の遠祖伊呂具秦公の的にして射た餅が白鳥と化して飛び翔けり、その留まった山の峰に『稲』が生じた奇瑞によって、イナリという社名になった》とあり、また「神祇官勘文」や「年中行事秘抄」などに引く「稲荷社禰宜祝等申状」には《この神は、和銅年中、初めて、伊奈利三ヶ峰の平処に顕坐してより、秦氏人等が禰宜祝として春秋の祭に仕えた》とある。
 さらに社記(口授十五箇條之解)には、《元明天皇の和銅四年二月壬午の日に、深草の長者『伊呂具秦ノ公』が勅命をこうむって、三柱の神を伊奈利山の三ヶ峰に祀ったのにはじまり、その年は五穀が大いにみのり、蚕織なって天下の百姓は豊かな福を得た》と伝えているが、いずれにしても、ここ深草の里は秦氏とは極めて深いかかわりをもつ。そして、当社の御鎮座は和銅四年(711)となっている。
 淳和天皇の天長四年(827)丁未正月辛巳、天皇の御体が不健のため、占を求められてたところ、先朝の御願寺(東寺)の塔木として稲荷神社の樹を伐られた罪たたりであることがわかり、はじめて「従五位下」の神階がさずけられ、爾来、年とともに累進して、ついに天慶五年(942)「正一位」の極位にのぼった。
 この間、承和十二年(845)には「名神」に列し、また延喜式(927撰)では「名神大社」とみえ、ついで村上天皇の応和三年(963)には皇城の巽(東南)の鎮護神と定められ、後朱雀天皇の長暦三年(1039)には二十二社の上七社にくわえられた。
 また、後三條天皇の延久四年(1072)に、はじめて当社と祇園社とに行幸があり、これを《両社行幸》と称し、歴代の慣例となって鎌倉時代にまでおよんでいる。さらに中世、熊野信仰が盛んになるにつれ稲荷明神が熊野参詣の道中を守護する誓いがあるとの信仰が盛んになり、当社に「護法送り」を修する風習があって、熊野御幸の還御には、必ず奉幣の儀が行なわれていた。明治四年五月に官幣大社に列格し、昭和二十一年十一月に宗教法人法によって「伏見稲荷大社」と改称し、今日にいたっている。
 
現在の本殿は応仁の乱による焼失ののち、明応八年(1499)に再建されたもので、下社・中社・上社、並びに摂社である田中社・四大神の五社が一宇相殿に奉祀されている。檜皮葺五間社流造で五十六坪余。「打越流造」(うちこしながれつくり)と呼ばれる特殊構造である。
 伏見稲荷山お山めぐり

 
稲荷山は東山三十六峯に連なる最南端に聳える霊峰である。松、杉の老樹が鬱蒼と茂る中に、上、中、下の三ヶ峯の並ぶ姿は神奈備そのもので、本社よりこの山頂を一週すること、およそ一里余、その景色は誠に美しく、山中に名跡多く、明和、安永の頃、広く文人、墨客の間に吟謡せられた稲荷山十二景の名勝は今も尚その幽邃の境地を残している。

本社の裏、千本鳥居に至り、稲荷山のお山めぐりに向かう。熊鷹社を経て、四ツ辻に至る。この辺りまで30分とかからずに登って来た。四ツ辻から左手に取り、白髭神社に小さな鳥居を奉納し、参詣してきた。

道中のあちこちに奉納用の小さな鳥居を扱う店や茶店がある。お山にぎっしりと鎮座されている神さま達の石碑は「お塚」と呼ばれ、石碑にそのご祭神名が記されている。お塚には、企業名で奉納されている鳥居がとても多い。流石、商売繁盛の神さま。個人名であげている鳥居もたくさん見かけた。各々縁のある神さまのところへお参りに来られる様子。数えきれないほどのお塚が、稲荷山にはぎっしりと並んでいる。鳥居や供え物は、ご鎮座されている処の一番近いお店で求めることが多いようで、一番小さい物で2,800円〜段々とあるそうだ。鳥居の正面に参詣するご祭神名、柱に名前と住所、番地に至るまで書き込んでくれる。(自分で書くお店もある) また、三宝にお供え(酒・豆類など)をセットにした物を求めることも出来る。(1,600円〜) お供えセットは三宝のままお塚まで持って行き、お参りをしてからお店に戻って来ると、紙袋にお供えを入れて持たせてくれる。お供えを求めたおじさんが、そのままお供えに行こうとしたものを、お店のおばさんが止めて、三宝に向かって、火打ち石で祓っていたのが印象的だった。鳥居は一年間、そのまま置いてくれる。お山めぐりをしていると、案外…知った人の名前を発見するかも。
一の峯 稲荷山山頂 上の社御神蹟 
此の処は稲荷山一の峰と称し 上ノ社の御神蹟の霊地であります
上ノ社ご祭神 末廣大神
二の峰 中の社御神蹟 此の処は稲荷山二の峰と称し
中ノ社の御神蹟の霊地であります
中ノ社ご祭神 青木大神
間の峰 荷田社御神蹟

此の処は稲荷山間の峰と称し
荷田社の御神蹟の霊地であります

荷田社ご祭神 伊勢大神
三の峯 下の社御神蹟 此の処は稲荷山三の峰と称し
下ノ社の御神蹟の霊地であります
下ノ社ご祭神 白菊大神
BACK