二見興玉神社
ふたみおきたま

ご祭神 猿田彦大神
宇迦御魂大神
境内社 龍宮社
飛地境内社 栄野神社
鎮座地 三重県伊勢市二見町江575
Google マップ(to:二見興玉神社)
 
 
  垂仁天皇の御代皇女倭姫命 天照皇大神の神霊を奉戴して此の二見浦に御船を停め神縁深き猿田彦大神出現の神跡である海上の興玉神石を敬拝し給う 即ち夫婦岩に注連縄を張り拝所を設けたが其后天平年間僧行基興玉神社を創建す
 明治に至り宇迦御魂大神を合祀して二見興玉神社と称する
 古来日の出の名所としてまた伊勢参宮の禊所として有名である
境内の看板より〜
 二見浦一帯は清き渚と呼ばれ、何処よりも清らかな浜辺として尊ばれてきた。古くからこの一帯を禊浜ともいい、伊勢参宮を間近にひかえた人々が浜辺で汐水を浴び、心身を清め禊浜をされた禊場であった。浜参宮は清き渚と称えられる二見浦の禊浜に参宮することであり、それを済ませてから、伊勢神宮へ参拝するのが順となっている。
 天の岩屋
 境内に鎮座する天の岩屋は、古来より日の出を拝む夫婦岩とともに日の大神がお隠れになった天の岩屋と伝えられている。
 他所にも天の岩屋、天の岩戸と称される処があるが、こちらもそのひとつであり、古くから石神(しゃくじん)とも称され、宇迦御魂命(豊受大神とも称される)をお祀りしている。日の出に対し、日の入り(隠れられた処)、天照大神と豊受大神という関係と伝えられている。
天の岩屋
岩屋の内部
拝殿の奥に少しだけ見える、岩屋。

丁寧にお祭りされている。
ずいぶんと大きいようだ。

二見興玉神社境内社
龍宮社

祭神 龍神大神
   大綿津見神

例祭 旧暦5月15日(郷中施と称される)
月次祭 旧暦各月15日

龍宮社

 祭神 大綿津見神は海の守護神として、あがめられ当神社は全国の漁業船舶関係の方の信仰があつく、また龍宮さんとして不可思議な霊験により一般の信者の方々に尊ばれ心願成就、開運、商売繁昌、海上交通安全、大漁満足等の御利益のある尊い神様であります。

 郷中施
龍神をお祀りせし起源は寛政四年五月十五日の大津波の為二見郷江村の民家の大□□災、無難の家は僅か五、六軒と いう前古未曾有の災害が発生し、村人たちは隣人相助け合い他人は□□を寄せたり精神的、物質的な援助を行い、助け励まし合ってこの水難から立ち直り、以来犠牲者の追善供養又今後再び水難に遭遇せぬようにと海の安全を祈願して五十鈴川江の河口に龍神を勧請した。爾来今の地に遷るまでは大江寺の住職が祭祀を怠らず追善供養の誠を捧げる と共に村人の祈念により村内平穏に今日まで至った。この龍神は五十鈴川河口の埋立や護岸工事の為昭和十三年、当社境内の一隅に遷され龍宮社と称し、昭和二十六年二見興玉神社の承認を傅て同年六月十八日龍宮社と奉称、昭和四十六年十二月二十日現在の社殿が造営された。

境内の看板より 一部読めない箇所あり
(※郷中施とは、郷中・村中の人々が施し合うという意)

BACK