御霊神社

ご祭神 井上内親王
早良親王
他戸親王
雷神
鎮座地 奈良県五條市牧町田原山宮山2126
Google マップ(to:牧町/御霊神社)
牧町字宮山(田原山)に南面して鎮座する。
旧村社

神社入り口に石造大鳥居、切妻造桟瓦葺で桁行四間、梁行一・五間の割拝殿に狛犬と石灯籠がある。
 本殿は流造、銅板葺。

 浜床の左右一対の狛犬の墨書銘に「奉寄進 宇智郡牧村惣社御霊大明神御宝前之駒犬弐疋 社頭安全 荘内繁昌萬果豊繞人民牛馬息災延命旨趣如件 于時元禄二己巳(1689)九月奉納牟」とあり「駒犬寄進願主 高野山福生院□□敬白武兵衛□□□□□□」と願主寄進者名が記されている。
 向って右側銅板葺で、覆屋の中の境内社二社は春日神社(祭神 春日四社大神)と八幡神社(祭神 品陀分命)。素木の春日造板葺。
向って左側の境内社は猿田彦神社(猿田彦命)。
 例祭は十月二十三日で二十二日夜宮祭。宮座講は十三戸で座祭は十月十七日。
昭和二十八年六月二十二日付の「宗教法人による届出書」には「氏子二〇五戸境内地二一三坪四二 創立慶安四年(1651)旧村社 慶安四年に当郡霊安寺大宮より御分霊を御勧請せられたと古老の説に伝えり」とあるが、「明細帳」には、「嘉禎二年(1236)三月ニ同郡霊安寺村御霊神社より分霊鎮座」とみえる。
BACK