花の窟神社
はなのいわや

ご祭神 伊弉冊尊 軻遇突智神

鎮座地 三重県熊野市有馬町

Google マップ(to:花の窟神社)
神代の昔より花を供えて祭るので花乃窟と言う。

例大祭:春祭 二月二日
    秋祭 十月二日
 七里御浜に突出する高さ約70mの巨巌を神体とする巨巌の根元に方5mほどの祭壇を設けて白石を敷き玉垣をめぐらして拝所とする。神殿はなく巨巌を崇敬する 太古の風習を残している。「日本書紀」神代上の一書に「伊弉冊尊、火神を生む時に灼かれて神退去りましぬ。故、紀伊国の熊野の有馬村に葬りまつる。土俗、此の神の魂を祭るには花の時には亦花を以て祭る又鼓笛幟旗を用いて歌ひ舞ひて祭る」と記され、伊弉冊尊を祀る。

 熊野市指定文化財
 史跡 天然記念物 花の窟祭祀遺跡
 現状 境内東西117m南北198m
 地積2.39ha
 窟の頂上よりかけ渡すお網は神と人とをつなぎ神の恵を授けてくださるお網なり

 お網掛神事 (三重県指定無形文化財)
「日本書紀」に記されていることが今に引き継がれ、2月2日と10月2日には多くの人々が集まり「お網掛神事」が行われる。網は藁縄7本を束ねた物で、花をつけた3つ の縄旗が吊るされている。この縄旗は朝廷から毎年奉納された錦の旗であったが、洪水で旗を積んだ船が難破したため、縄でその形を模したのがその始まりといわれて いる。

 花の窟神社の鎮座地、有馬町は、縄文時代弥生式以来の古式遺跡の多数分布する所で、この遺跡は、イザナミ神話を奉する弥生式農耕民族によってのこされたわが国最古の祭祀遺跡の一つであると思われる。
 日本書紀神代の巻一書にいう「花の時に花を以て祭る」の神事は、今もなお巌として継承されており、ここの祭祀の重要神事は、まさにこの「お網かけ」である。
 花の窟というだけあって、境内には豊富な植物が育っています。
神社の森は、巨大な岩塊を中心に約2.4haの天然林で、国有林を除き、市中最大のものだとか。天然林以外は代表的な暖地性植物の天然林で林内にはニッポンタチバナ・ノシランなど植物分布上珍しい種類が含まれているそうです。境内はとても気持ち良く、まるで森林浴の気分です。
軻遇突智神の拝所。
手水舎横の丸石。 境内にある稲荷社。
BACK