八幡神社
鎮座地 徳島県鳴門市
      撫養町立岩字内田124
Google マップ(to:八幡神社)
ご祭神 應神天皇

 妙見山麓に鎮座するお社。境内の石碑によると、八幡神社は、元禄三年に御遷座され、御建造せられた。建立当時の棟札が今も現存している。
 社伝によれば、八幡神社は往昔現在地の西方に在る恵比寿神社の附近に御鎮座せられていたものを現在の社地に遷座せられたものであると伝えられている。三百余年の歳月を経た社殿も腐朽が著しく、破損個所も各所に至った為、大塚製薬会長大塚正士氏をはじめ、神社総代、氏子崇敬者によって八幡神社御造営奉賛会が結成され、現在地に建造された。
 境内には、八幡神社、恵比寿神社の御神殿のほか、神輿庫、社務所、馬舎、手水舎、井戸舎等もある。
 神殿裏の大山祇神社(左)と
 塩竃神社(右)
 お社の造営に当たって尽力された人々の顕彰之碑が、八幡神社と恵比寿神社の両神社境内に建っている。

恵比寿神社
Google マップ(to:恵比寿神社)
鎮座地 徳島県鳴門市撫養町立岩
ご祭神 不詳


神依岩
この神依岩の割れ目には放射線が飛びかい病気がちの人々には大変ご利益又家内安全無病息災があると有名なある大学の考古学者の教授が申されておりますこのような立派な岩を放置するわけにいかず鳥居を建立して神依岩と命名し参拝をしております
〜立て札より〜

BACK