生國魂神社
(いくたま・いくくにたま)

別称 生玉さん、生玉名神、活玉神社

ご祭神 生島神 足島神
相殿神 大物主命

鎮座地 大阪府大阪市天王寺区生玉町13-9


Google マップ(to:生國魂神社)

生國魂神社鳥居
 「いくたまさん」と親しまれている生國魂神社(いくくにたま)は大阪最古の神社で、初代・神武天皇が上町台地の難波碕(現在の大阪城一帯)に、生島・足島大神をお祀りされたのが創祀と伝えられています。生島神・足島神は、生國魂大神・咲國魂大神ともいわれ、伊邪那岐・伊邪奈美命の御子で、大八洲(おおやしま/日本の国土)の御霊です。大地ならびに大地に生命の営みをつづけている一切を守護される神さまです。ご祭神の「生」(いく)という意味は、生成、進歩、完成ということをまた「足」(たる)という意味は充実、繁栄、発展という意味だそうです。この大地に生を受けているあらゆるものの生命を御統括される「生成発展」「具足円満」の御神徳があります。『日本書紀』の孝徳天皇即位前期には、すでに鎮座されていたことが記されています。「延喜式」名神大社。社殿は、鉄筋コンクリート造で「生國魂造」と呼ばれる特殊な様式になっています。

 太閤秀吉の大阪城築城に際し、現在の地に還りましたが、豊臣・徳川両家により御神域は守られ、さらに「難波大社」の尊称をもって広く朝野の崇敬を集めました。江戸時代には上方文化の中心地として芝居小屋や見世物小屋が境内に軒を連ね、井原西鶴が矢数俳諧を行った境内は、近松門左衛門の『曽根崎心中』の冒頭「生玉社の段」でも知られ、松尾芭蕉ゆかりの地でもあるほか、米沢彦八の上方落語の発祥の地でもあります。

生國神社境内の摂社・末社
 境内には、「城方向八幡宮」「鞴神社」
「家造祖神社」「浄瑠璃神社」「鴫野神社」
「皇大神宮」「住吉神社」「源九郎稲荷神社」
「天満宮」「精鎮社」などの末社が鎮座されています。
BACK