伊那上神社
いなかみ
鎮座地 静岡県賀茂郡松崎町宮内
御祭神 積羽八重事代主神

 社伝によれば、当社は第五十二代嵯峨天皇弘仁八年(817)伊豫國越智郡三島より遷座したと伝えられ、また伊豆国国府三島より遷座したと伝えられる。文治元年(1186)の文書に仁科荘那賀郷三島宮正中二年(1346)の文書に三島大明神、慶長拾参年(1608)時の金山奉行、兼 伊豆代官 大久保石見守が寄進した金燈籠には仲神社とほりこんである。
昔は三島大明神、三島宮または仲神社といわれたのである。
 承安三年(1173)源頼朝当社に参詣され社田を寄進したので、其の後は将軍家の尊嵩が厚く、神領五百石を領し、宮殿広大荘厳 末社八拾有余を有し、西伊豆第一の大社であったが、天正年間の大火に遭い時の社司金差義長四拾余社を再建して、従来の大社の面目を保ったが、続いて間もなく慶長年間に再び火災に遭い壮麗の新宮殿、本社、拝殿、社寶、旧記、等一宇も余さず全焼したが、なお二十石の御朱印地を賜って、大社の面影を今も伝えている。上宮とは慶長五年(1600)の神領附の古文書が最初である。正徳二年(1712)の棟札が最初で、唯一神道祭官那賀郷大鎮守也といって、従来の伊豆の五大社の面目を伝えている。〜境内の案内板より〜


拝殿

本殿
神楽を舞うウサギの彫刻

 境内のあちこちにウサギをモチーフにした可愛い彫刻が置いてありました。
写真は鳥居の両側に置かれていたもの。
ステキな彫刻はどなたの作だろうと思っていたら、伊那上神社から南へ約550m先に鎮座する伊那下神社宮司さんが造られたチェーンソーアートのようです。

BACK