石上神宮
いそのかみじんぐう

ご祭神 布都御魂大神
    ふつのみたまのおおかみ
    布留御魂大神
    ふるのみたまのおおかみ
    布都斯御魂大神
    ふつしみたまのおおかみ
    五十瓊敷命
    いにしきのみこと
    宇摩志麻治命
    うましまじのみこと
    白河天皇
    市川臣命

鎮座地 奈良県天理市布留町384
Google マップ(to:石上神宮)

● 布留の名の由来
● 天から壺の落ちた所
● 布留の神劔
● 寶劔小狐丸
石上神宮 楼門
 ご祭神の布都御魂大神は、甕布都神みかふつのかみ・佐士布都神さじふつのかみともいわれ、神武天皇東征の折熊野の地で武甕槌神たけみかずちのかみ(建御雷神)が天照大神の命によって高倉下たかくらじから天皇に奉った「平国之剣」であると称されています。
 石上神宮は、古代の豪族物部氏が総氏神として、祭祀を預かっていたことで知られています。
物部氏は、饒速日命
にぎはやひのみこと(天孫瓊瓊杵尊の御兄)の後裔で、代々軍事・警察・石上神宮の祭祀を職務としていました。
 饒速日命は天降った際に天神御祖から※1十種神宝を授かりその子である宇摩志麻治命がこの十種神宝を天皇に献上し、天皇はこれを斎奉って石上神宮と名付けたと伝えられます。また石上神宮には※2七支刀をはじめとする、多くの神宝が納められたという伝承があります。

 石上神宮には本殿があり、ご祭神は本殿に祭祀されていますが以前は、大神神社(奈良県桜井市に鎮座。三輪山を神体山とする)と同様に本殿を有しないお社でした。かつては拝殿からその背後の禁足地を遙拝し、禁足地には神剣布都御魂が安置されていると伝えられてきました。明治六年に禁足地が発掘調査されたところ、剣一振(素鐶頭太刀そかんとうのたち)と多数の勾玉類が共に出土しこれを伝承された布都御魂として、本殿にお祭りされることとなりました。

※1十種神宝とくさのかむだから 饒速日命が高天原から降臨した際に天神御祖から授けられた「天璽瑞宝十種」あまつしるしみずたからとくさのこと。
(鏡)沖津鏡
おきつかがみ、辺津鏡へつかがみ
(剣)八握剣やつかのつるぎ
(玉)生玉いくたま、死反玉まかるかへしのたま、足玉たるたま道反玉ちかえしのたま
(比礼)蛇比礼おろちのひれ、蜂比礼はちのひれ、品物比礼くさぐさのもののひれ

 
これら十種の品々は呪力を持つ品々であり、魂を鎮め、死者を蘇らせるほどの霊力を秘めたもので、この神宝が布留御魂神であるとされています。

※2七支刀しちしとう 石上神宮の宝庫に伝わる神宝。全長74.9cm。身の両側に、三本ずつ交互に枝刀を作り出した特殊な形式の剣です。刀身に銘文が刻まれています。「(東晋の)泰和四年?月十六日の純陽日中の時に百練の鉄の七支(枝)刀を造る。もって兵難をのがれる。候王の供用とするのに適する。某作る。先の世以来未だこのような刀はなかった。百済王と太子とは生を御恩に依っているが故に、倭王の御旨によって造る。永く後世に伝わるように」と記されています。【国宝】
BACK