御井神社 (通称) 三井神社
みい

ご祭神 八上姫大神(御母神)
木俣神(大国主大神の御長男)
鎮座地 島根県簸川郡斐川町直江2518
Google マップ(to:御井神社)

 
 御井神社は、大国主大神の第一子木俣(このまた)大神を主神とする総本社で、全国に四つの末社を有する。(次男 阿遅高日子根神。三男 事代主神)建久二年(1191)に、当時の神職稲田彦太郎が源頼朝の命によって上直江八幡宮に転住するまでは、方三百間(1キロ強)の神苑を有し、大社型の豪壮な社殿がそびえたっていたと記録されている。
 拝殿、幣殿と大社造の本殿、境内地は595坪。尼子、毛利の戦禍のため、社宝、古文書はことごとく焼失した。

例祭  十一月一日。
安産講祭 三月九日。
 安産 御井神社 由緒概略

 御井神社は、古事記および風土記等日本最古の史書十三の文献に記された由緒ある神社である。
 そもそも当社が安産の神また水神の祖であるという謂れは、記紀に記された次の故事による。大国主大神は因幡の白兎の神話の時むこうで八上姫という心姿の美しい女神を愛され、姫はやがてみごもられた。臨月となられた八上姫は背の君に会いに出雲大社へ行かれたが、正妻須世理姫の立場を慮り、会わずに引き返された。
 そして神奈火山の麓直江の里まで帰られた時産気づきやがて玉のような御子を挙げられた。そこで三つの井戸(生井、福井、綱長井)を順次掘り御子を産湯させてから木の俣に預け、母神のみ因幡へ帰られた。
 これより御子を木俣神または御井神と申し上げ、安産と水の守護神として全国からの信仰を集めている。

 木の俣の 三井の産湯の水なれば
    祈らん人を 守る神垣(神詔)
             社 頭
〜境内の案内板より〜
本殿
八上姫大神と木俣神像
霊蹟 三井戸(島根県歴史名水に選ばれる)
 本社より百m離れたところにそれぞれあり、枯れる事なく清水をたたえている。生井(いくい)  安産と子育ての水神。福井(さくい)母子の幸せを司る水神。綱長井(つながい)母子の寿命を司る水神。三つの霊蹟が示すように、御井神社は母子の生々発展の神様でもある。三井戸の霊水を含んだお洗米を、産湯の中に二、三粒入れると、子どもが難なく育つと言い伝えられている。
福井 綱長井
生井
古墳 生井、福井、綱長井
 
 母神八上姫が湯あみされ、また当社木俣神(御井神)を産湯なされた霊泉でもある。日本最古の井戸で宮中にも御分霊して祭られている。戦国時代までは境内であったという。
 本居宣長「古事記伝」に「祭神五座ノ中、神祇官ニ座ス座摩ノ御座ノ阿須波ノ神、波比祇ノ神、コノ次ノ段ニ出テ同ジ御族ノ神ナリ」とある。つまり、水神五座の内上段にある神が
 生井、福井、綱長井、三柱の神である。

三省堂刊「広辞苑」に次のように記載されている。

 生井 生気ある神     子安
              病気平癒
 福井 (栄久井)栄える井 母子の発展 
              家運隆昌
 綱長井 つるべ綱の長い井 母子の長寿
              家内安全

 三つの井戸は、今も水の涸れることがないという。
back