地御前神社
じごぜん

ご祭神 市杵島姫命
田心姫命湍津姫命
鎮座地 広島県廿日市市地御前5丁目
Google マップ(to:地御前神社)
 

 


祭日 陰暦五月五日  御陵衣祭。雅楽舞「後の舞」
   陰暦六月十五日 管弦祭御洲堀神事。
   陰暦六月十七日 厳島御本宮管弦祭。
 管弦祭では、
厳島神社から鳳輦を乗せた御座船を三隻の漕ぎ船が引き、地御前神社前の池に導いて祭典が行われる。
 ご祭神は、厳島神社の本社のご祭神と同じく、市杵島姫命を中心として、田心姫命、湍津姫命の所謂宗像三女神を奉斎している。 御鎮座の年代は詳ではないが、社伝には厳島神社(御本宮、内宮)と同じといい伝えられ、すなわち本社御鎮座の年、推古天皇の端正元年大歳癸丑の年である。
 明治維新までは、厳島神社本社を内宮、地かたの御前の本社を外宮と称されていた。御奉斎の厳島大明神は「道主貴」と称え奉り、天孫を助け奉り、常に天孫のために海陸の安全を斎奉り給う神なれば、古来皇室及び国家の鎮護、海陸の守護神として、盛んに、上下の尊信敬拝を受けさせ給う。
 厳島本社の御鎮座記によれば「佐伯の郡の住人佐伯鞍職に幽事を治め、百王を鎮護す」と示現ありしという。この御鎮座の所を合浦という。

改修工事の最中でした。

弁財天の絵馬額
 元々厳島は、厳島大神の御鎮座として、島そのものを神と崇め、社殿創建後も人は住んでいなかった。神社奉仕者も例外ではなく、
祭典の時は、船で往復した。風波のある時は、渡海が困難なため、対岸にも社殿を建て、ここで祭典を行った。それが、「島の御前」に対する「地の御前の社」である。鎌倉中期以後、島に人が住むようになってから、管弦船は先ず、宮島を出発して地御前神社に向かい、更に宮島に還ることになった。

 広い拝殿には、あちらこちらに蘭陵王の図や、管弦祭の絵馬額などが奉納されていた。

御客人宮

ご祭神 正哉吾勝々速日天忍穂耳命、
    天穂日命、天津彦根命、
    活津彦根命、熊野樟日命。


こちらも、厳島神社の御客人宮(客神社)のご祭神に同じ。

BACK