狩場明神矢根研石
史跡 
狩場明神矢根研石


和歌山県伊都郡かつらぎ町
空海が出会った、ジモティの狩人は
狩場明神の化身だった!

狩場明神にちなむ研ぎ石は、安産に
霊験あらたかだという…。

 史跡 狩場明神矢根研石

 弘仁七年僧空海唐にての修行を了へ日本に帰国し、真言密教の根本道場を開く地を求めて
たまたま大和宇智郡犬飼山辺りに来たりて一狩人に逢ひ、その連れし黒白の二匹の犬に導かれて高野山に達し、こゝにて真言宗の一大霊場をひらくことゝなるのであるが、この狩人こそ狩場明神の化身であったと云はれています。
 狩場明神は、現在のかつらぎ町大字宮本辺りを根據とされ、四方に遊猟し常にこの処にて矢の根を研ぎたりと云はれ、その跡がこの石であり、紀伊続風土記高野山の部に「八幡の森又は神社の森は教良寺村の南に在り内に狩場明神矢根研石と云あり方一尺許りにて矢の根を研ぎたるやうの跡あり」と記されておる。
 狩場明神は又の御名を高野御子神と申し、天野大社の主祭神丹生都比賣大神の御子であるとされており、従って此の地は天野高野を結ぶ由緒ある史跡である。
昭和五十七年九月県道新設のため、現在地より西北五米の所より掘り出し、昭和五十九年一月現在地に移す。昔よりの云ひ傅へによれば婦人此の石に触れば安産の霊験ありと云う。

石碑より引用
で、研ぎ石なんですがね。鎖で通せんぼしてありました。入っちゃダメかなと思いまして、
研ぎ跡を確認しておりません。罰があたるんぢゃないかなと思って、近くに寄ってじっくり見てません。なんせ、小心者ですから。
 狩場さんご愛用の研ぎ石と安産のカンケーですけど、どういうことですやろ?
お伴の、黒白の二匹のワンちゃん達から来てるんでしょうかね?
犬はお産が軽くて、それにあやかって人間さんも「戌の日」に腹帯を巻いたりしますが。
カンケーないですかね?
BACK