吉備津神社
きびつ

御祭神 大吉備津彦大神
    ほか八柱の神

鎮座地 岡山県岡山市吉備津931


Google マップ(to:吉備津神社)

吉備津神社
 式内社。崇神朝の四道将軍の一人として吉備地方を平定した吉備津彦命をはじめ吉備氏一族の祖神が祀られています。
 大吉備津彦大神は、第七代孝霊天皇の皇子であり、第十代崇神天皇の御代に吉備の国に下られ、温羅という悪者を平らげて平和と秩序を築き、この地に宮をいとなまれて吉備の国の人々のために殖産を教え、仁政を行いました。社伝によれば仁徳天皇が吉備の国に行幸されたときご創建になったもので、後、延喜式の定まるや名神大社に列し、やがて一品の位になられましたので一品吉備津宮、※三備(備前、備中、備後)の一の宮と称せられ、昔から産業の守護神としてまた長寿の守り神として全国の人々から深く信仰されています。
吉備津神社 拝殿 ※ 大化改新後、吉備の分割に伴い備中国より備前国、備後国に勧請されたものと考えられます。

備中国一宮 吉備津神社
      (岡山県岡山市吉備津)
備前国一宮 吉備津彦神社
      (岡山県岡山市一宮1403)
備後国一宮 吉備津神社
      (広島県芦品郡新市町宮内)
 昔話の桃太郎は、吉備津彦命の温羅退治をもとに作られたといわれます。 鬼のモデルになっ た温羅は、百済からやって来た王子でした。性格は荒々し く、凶悪で、身の丈1丈4尺(約4m20cm)もありました。現在の岡山県総社 市にある朝鮮式山城、鬼の城に住み、吉備の国を荒らし回っていました。そこ で大和朝廷は、武勇の誉れ高い吉備津彦命に鬼(温羅)退治を命じたのでした。昔話の中で桃太郎のお供をした犬とキジは、吉備津彦命が設けた役職の犬飼と 鳥飼を努めていた家臣に当たりますが、もう一人がなぜ猿なのかは、わかって いません。捕らえられた温羅は首を切られ、地中深く埋められましたが、13年 間も夜な夜な吉備津彦命の夢枕に立ち続けました。「ワシの首を吉備津神社の かまどの下に埋めてくれ。そうすれば釜をならして世の吉凶を占ってしんぜよ う」この申し出にはじまったのが、鳴釜神事です。御竈殿で行われる釜鳴の神事は、お釜の鳴動の音の大小長短によって吉凶禍福 を卜(ボク)するもので、その神秘なことは古く「本朝神社考」・上田秋成の 『雨月物語』にも紹介された著名なもので、現在でも行われています。
BACK