吉備津彦神社
きびつひこ

ご祭神 大吉備津彦命(大吉備津日子大神)
    御子吉備津彦命

相 殿 孝霊天皇、孝元天皇、開化天皇、
崇神天皇、日子刺肩別命、
天足彦國押人命、
大倭迹々日百襲比賣命、
大倭迹々日稚屋比賣命、
金山彦大神、大山咋大神
吉備津彦神社 楼門から拝殿を望む
鎮座地 岡山県岡山市北区一宮1043
Google マップ(to:吉備津彦神社)
※アクセス 吉備線備前一宮駅下車徒歩3分または、中川橋バス停から徒歩6分
吉備津彦神社 本殿 大化改新後、吉備の分割に伴い、備中一宮の吉備津神社より備前国に勧請したものと考えられます。平安時代には朝廷に尊崇され、勅営による社殿の整備が進み中世以降は宇喜多氏や小早川秀秋、池田家など、代々の領主が尊崇したといいます。
 吉備津彦神社は古代、太陽・月・泉・磐座・巨木を仰ぎ、山は神体山にし天津磐座磐境を有し朝日の宮(夏至6月21日の日の出には、太陽が正面の鳥居の真正面向いの山から上り、朝日が御鏡に入る)と称され、本洲一宮、吉備之国一品一宮、国の宗祖神を祀る社として古代気比太神宮、吉備社、吉備津宮といわれ崇められてきました。
 また大吉備津彦命は、吉備の国及び周辺の地を平定し、その後も元本殿(吉備の中山 の宗廟の東麓)の場所に永住され諸民を愛撫仁政を敷かれました。命は崇神天皇の60年 に神去り、その屋敷跡に社が建てられ吉備津宮又、吉備津神社ともいい崇められてきま した。童話の桃太郎さんは、御祭神大吉備津彦命のことです。邪馬台国女王とは大吉備 津彦命の姉、大倭迹々日百襲比賣命、大倭迹々日稚屋比賣命、だとも伝えられています。
BACK