紀道神社
きどう

ご祭神          
天児屋根命 市杵島姫命 紀道成 菅原道真 大山祇神 水波能女神
金山彦神 食稲魂命 大直日神 武内宿禰 日本武命 子守神
竜王神 加具土神 三筒男命 真妻神 須佐男命 不詳二座

鎮座地 和歌山県日高郡日高川町三百瀬1188

Google マップ(to:紀道神社)


 社伝に、もと紀道明神と号し、道成寺建立の奉行・紀道成を祀るとあり、古くは日高川河岸の字紀道芝に鎮座していたが、元和六年(1620)とその後の日高川洪水で流失。紀道芝から現在地の宮の平に遷座(年代不明)され、神社の傍らに神宮寺・養専寺を建立したが、間もなく火災にかかり延宝五年(1676)に再建されたが、養専寺は廃退したとおぼしく、享保十年(1725)の「社方書上」江川組には、その記載はない。

 拝殿横に掲げてある由緒書によると、
〜第四十二代文武天皇(西暦七〇三年頃)の御宇に日高郡矢田荘に道成寺創立の際天皇の命を受けて造営の為来郡した紀大臣藤原道成卿(紀道成)が船津の里神境内にあるクスノキの大木を道成寺材料にしようとそれを伐り、筏《いかだ》にして運ぼうとしたなにしろ大木なので日高川の増水を待って流下した時、岩にあたり増水にのまれて薨御された里人達は近くに神社を建立して、その霊を祀った。文武天皇は紀道大明神の神号を贈り、生前の功績に報いられた。
 その後元和六年(西暦一六二〇年)日高川大洪水の際、流失し、御坊市名屋の松の木に御神体が漂着したまへるをもらい受け再建したが再び大洪水に流失し同じ場所に漂着。今度は高地の現在の宮の平に造営したので洪水の心配はなくなったが、その後野火にあい焼失す。延宝五年(西暦一六七七年)九月社屋を再建しその後改築修理しながら現在に至る道成卿の乗った筏が当たった岩をお膝岩といわれ、船や筏で通る人びとは恐れ奉拝したといわれる。道成卿が着用したと伝えられる装束が道成寺に納置されていること、紀道神社の神徳日々に顕われ国家擁護の神として崇めらる。
 又道成寺一大和尚盛海寄贈と伝うる「紀道大明神縁起」があることなどにより紀道神社は道成寺の奥の院とも諸人言い伝へる〜
 とある。

 『紀伊俗風土記』には、村の東にあり三百瀬・伊藤川・藤野川・平川四箇所村、及船津四箇所の産土神なり。又船津明神といふ。祀る神詳ならず、紀道は地名にして木戸の義ならん。社より東南、藤野川の谷に傍ひたる道に巌狭をなして木戸口といふ所あり、道成寺を草創せし紀道成を祀るといふ縁起あり、近世の作にして取るに足らず、社の後の日高川の岸壁立せる石を御膝石といふ。舟に乗るもの甚懼《はなはだおそ》れて此地を避く。相伝ふ社旧北面にして川に向ふ。御膝石の名因りて起れるならん」と、祭神紀道成説を否定している。

左 村社 船着神社、右 紀道神社の石碑が並ぶ。

日高川

 また『日高郡誌』は『紀伊風土記』のこの説に、「謂ふ所の縁起には道成寺第一四世四位法印大和尚盛海寄附とありて近世の作には相違なけれど祭神については尚、考究の余地あるべし。伝え云ふ当社の神像は奈良時代の公卿が衣冠装束せる立像木造なりと」なお一考の余地ある旨を記している。いずれにしても当社は古来、紀道明神とも船津御前あるいは船着神社とよばれ、日高川と縁の深い水神ではないかとも考えられる。社号も明治五年(1872)、船着神社と改称し、同四十一年、二年(1908-1909)ごろ氏下の諸社を合祀し、更に昭和四十五年(1970)、紀道神社と改めた。

川辺町の文化財
紀道神社
きどう

日高郡川辺町三百瀬

三百瀬・伊藤川・藤野川・平川及び中津村船津等の産土神である。
当社は、もと紀道明神社と称されていたが、明治五年船着神社と改称され、昭和四十五年に今の名称となった。
 社伝に道成寺建立奉行紀道成を祀るという。
社宝には亨保年間の制作と推定される「紀道成神社縁起絵巻」がある。
 毎年十月に行われる秋祭りの踊獅子・駈馬・山車はよく古風を伝えている。
川辺町教育委員会

 境内の案内板より

 ● 樟《くすのき》をきらう神様
 三百瀬の紀道神社は、明治五、六年ごろまで紀道明神とよばれていたが、このお宮の境内へは樟を植えぬことになっているし、もし植えてもすぐ枯れるといわれている。
 かつて昭和天皇がまだ皇太子であられたころ和歌山県へおいでになった時土地の青年が記念樹としてお宮の境内へ樟を植えたが、間もなく枯れたことがある。
 ここにお祀りしているのは道成寺を建てた紀《きの》道成である
日高川
日高川
と伝えている。
 遠い昔、文武天皇に道成寺建立を命じられた藤原(紀)道成が、その建築用材にするため、今の中津村船津で伐った樟を筏に組んで下だすのを指揮していたが、折りからの増水で道成の乗っていた筏が、淵に突出していた大岩にぶつかり、乗組員とともに道成も水死した。
 その霊を弔うため、その淵の上の山に建てたのが紀道神社という。神社はもと北面して都(奈良)の方を向いていたので、筏のぶつかった大岩をお膝石《おひざいし》と称し、その付近をおひだと呼んでいる。今でもその岩に道成の血がついていると言って筆者の子供のころはその淵で泳ぐのをさけた。なお道成寺の名称は紀道成の名をとったと伝えている。
 (『南紀土俗資料』・筆者)


BACK