貴船神社
きふね

(旧称) 貴布禰社、木船

ご祭神 高靇神 たかおかみのかみ

鎮座地 京都府京都市左京区
       鞍馬貴船町180


Google マップ(to:貴船神社)

 社伝によると、第十八代反正天皇(406〜410)の御時に創建されたとあり、第四十代天武天皇白鳳六年(677)に社殿造り替えの記録もある。それ以後、たびたびの造営が成され、文久三年(1863)までに36回も行われたと伝えられている。
 社殿はあるが、貴船山全体が御神体であり、貴船川の川上の神といわれるようにこの神は水を主宰し、特に雨乞いと雨止みに霊験があらたかであるとされている。祈雨の際には黒馬を、祈晴の際には白馬(後世は赤馬でもよいとされた)を神馬として献じたと伝えられている。とくに平安遷都後は大和の丹生川上神社と並び称され、名神大社に列し、二十二  社のひとつでもあった。
 賀茂社とともに平安京を守護する神として、長らく賀茂社の支配下におかれた。祈雨・止雨の神であるとともに平安時代より恋愛にまつわる、丑の刻詣などの説話や民間伝承も広く知られており、全国各地に分祠がある。
境内の中にある、神井の泉
貴船神社 奥宮
 初めのころの貴布禰神社は、今の貴船神社の奥宮のことを称したといわれ、現在の本社(奥宮に対して端宮はしのみやという)は、後冷泉天皇天喜 三年(1055)に奥宮から遷座したものであるといわれている。 貴船の神は、尼ヶ崎から淀川に入り賀茂川を遡って、この地に留まり、奥宮に舟を残して昇天し給う、という社伝があり、境内に舟石といって舟の形に積んだ石塁がある。
貴船神社 奥宮
 「遠碧軒記」(黒川道祐著)上巻の一の項に「小狭輿ちいさごしの事に今一説有、田舎にて老婆をちやと云、後奈良院(第百五代)のときに、貴布禰より狂婆来るを、洛中の小児驚てちゃあちゃあ が来ると云て、逃奔ては其まゝ疫をやむ。干時これは貴布禰たゝりとて、小き神輿を造かきありきてあれば、そのまゝ平癒す…」と記されている。また、同じようなことが『一話一言』(大田南畝著)六の項に「京にて九月に町々の子供神輿をこしらへてかつぎありくに、『貴船の茶々こし、新し権現ちやちやこしこし』と諷ひはやす。昔貴船に茶々という女あり。科ありて刑せらる。その執心人にたたる事あり。よつて祭りてはやすといふ」と記されている。これらの記述からみると、この貴船神には、御怨の神の信仰・悪疫退散の信仰もあったことがわかる。
BACK