清姫さんのお墓

和歌山県田辺市中辺路町真砂
Google マップ(to:清姫さんのお墓)

 清姫の里之伝説
 清姫の父、真砂の庄司藤原左衛門之尉清重は妻に先立たれて、その子清次と暮らしていた。 ある朝散歩の途中黒蛇に呑まれている白蛇を見て憐れに思い助けた。
 数日後、白装束の女遍路(白蛇の化身)が宿を乞い、そのまゝ清重と夫婦の契りを結び清姫が誕生した。清姫が十三才の年毎年熊野三山へ参拝の途中こゝを宿としていた奥州(福島県)白河在萱根の里安兵衛の子・安珍十六才は、みめうるわしい清姫の稚い頃より気をとられて、行く末はわが妻にせんとひそかに語られ姫も真にうけて安珍を慕った。
 ある夜、安珍は障子に映った蛇身の清姫を見て、その物凄い形相に恐れをなした。
それとは知らぬ姫は思いつめて遂に胸のうちを語りいつまでも待たさずに奥州へ連れていってほしいと頼んだ。安珍は突然の申し入れに大いに驚き、これはなんとかしてさけようと思い、我は今熊野参拝の途なれば、必ず下向には連れ帰るとその場のがれの申しわけをされた姫は、その真意を知らず、安珍の下向を指おり数えて待ちわびたが、あまりにも遅いので、旅人に尋ねると、あなたの申される僧は先程通られ、早十二三町も過ぎ去られたと聞くや、さては約束を破り道を変えて逃げられたのだと察し、あまりの悔しさに道中に伏して泣き叫んだ。
 やがて気をとり直して汐見峠まで後を追い、杉の大木によじ登り(現在の捻木)はるかに望めば、すでに田辺の会津橋を渡り逃げ去る安珍を見て、瞋に燃えくるい、生きてこの世でそえぬなら、死して思いをとげんと立帰り、庄司ヶ淵に身を投げたその一念が怨霊となり、道成寺まで蛇身となって後を追い、鐘にかくれた安珍を七巻半して火炎を出し、焼死させ思いをとげたと云ふ。
 時延長6年8月23日のことであった。この淵を清姫渕と呼び、霊を慰めるため碑が建立された。清姫の墓として平成18年まで季節の良い日を選び、毎年4月23日と11月23日に供養が続けられて来たが、平成19年より毎年4月23日のみ、会式が執り行われる。
墓に登る階段も七巻半に因んで七段半に作られている。

【御詠歌】 煩悩の焔も消えて今ここに眠りまします清姫の魂
昭和五十三年四月
福巌寺第十二世 霊岳誌

 清姫之墓近くの川。
清姫も小さい頃、 ここで水遊びをしたのだろうか。
 
 今を去ること千二百五十年あまりの昔、本宮大社に仕えし人の娘「広浜」は、采女司として孝謙(女帝)・淳仁・称徳(女帝)の三天皇に十年間ほど仕へ、神護景雲二年(769)卒去との記録が残っている。
 その後、結婚して五人の子供をもうけ、三男「清弘」が真砂庄司の元祖(第一代)として、本宮大社の禰宜職となった。
以後、二代目を「清治」が継ぎ、三代目「清重」の時、この真砂(磨那期・まなご)の地に荘園主として移り住んだ。
 以後第三十二代当主「友家」の時、天正十三年豊臣秀吉の紀州攻略によってこの地方の豪族や武士達と共に惨殺や生害にて果てた事が記録として残る。
 清姫は、真砂の庄司清重の子として、延喜年間(914)の頃に生まれ、若くして悲恋の恋に悩み、この清姫の森の奥にある「庄司ヶ淵」に身を沈めてその生涯を果てたという。
 時代は延長六年(928)八月二十三日の出来事としての伝承であるが、この土地では毎年四月二十三日を命日としての供養大祭を行っている。清姫の墓を訪れると、清姫の由来について、また真砂庄司一族の歴史について詳しく記載されている。
BACK