九鬼岩倉神社
くきいわくら

鎮座地 三重県鳥羽市岩倉町1107-1

御祭神 九鬼弥五郎澄隆

    くきやごろうすみたか
    
伊邪奈美命
    誉田別命
    素盞鳴命
 三重県鳥羽市、加茂川・河内川・鈴串川の三つの川の合流する辺り、田城々址に鎮座する。もと九鬼神社と称したが、明治41年11月28日許可を受け、大字岩倉村社八幡神社・無格社加茂神社・同萩原神社を同年12月15日合祀し、加茂八幡九鬼神社(現 加茂神社)と単称したが、更に同43年1月22日、大字松尾蕨岡神社に合祀され、そのとき、無格社九鬼神社の祭神であった九鬼弥五郎澄隆の霊代は、子爵九鬼隆輝に於て奉祀することとなった。昭和30年4月26日に至り、字城山に前記の三社を加茂神社より分祀し、九鬼岩倉神社と称する。 
【九鬼岩倉神社が鎮座する田城々址について】
 道路に面した神社の入り口右手に下記のような看板が設置してある。

 田城々跡 <三重県指定文化財> 史跡
      (指定) 昭和45年10月8日
 織田信長の水軍大将として勇名を覇せた九鬼嘉隆の祖父泰隆が天文十年(1541)にこの城に拠り、伊勢国司北畠氏のために尽くし、二見七郷を与えられたと言う。その以前は田城左馬之助が築いたとも伝えられる。天正十年(1582)に至り、九鬼嘉隆が兄浄隆の子澄隆を暗殺し、その後、この城は廃せられたと云われる。城跡には、澄隆の怨霊を鎮めるために九鬼惣領権現が祀られている。
鳥羽市教育委員会
 境内にある九鬼神社と刻された石碑
 里人の伝説に、嘉隆の嫡子守隆が重症のときのうわ言に、大山祇神の託宣であるとして、「汝の父嘉隆は澄隆を殺し、汝また父と対陣し、自殺させた罪軽からず、その罪のつぐないのため速やかに神社を建てるべし」といい終わって夢からさめ、やがて病気が快癒したという。そこで寛永三年に、田城址に惣領権現を創始し澄隆の霊を供養している。明治維新に至るまで、九鬼家は加茂村岩倉の惣領権現には代参を遣わして丁重に祭祀が続けられている。
 志陽略誌に「正一位総領権現社岩倉に在り、九鬼弥五郎霊を祭る。弥五郎は叔父嘉隆のために横死する所、故に其霊祟をなす、是に於て田城の砦跡に一社を創建して其霊を鎮め祭る。然るに嘉隆の子孫は或は奇疾或は夭死す、是れ弥五郎の霊の祟を為す所也、故に九鬼家より卜部家に属して内奏を経て、宝永年中嫁神階を正一位勲一等に進むと云々。毎歳九鬼家より其家士を遣して拝礼を行う也」とある。
 岩倉の極楽寺の過去帳・位牌・隠田ヶ岡の五輪塔、いずれも澄隆の死を天正十年(一五八七)十一月二十三日としている。
 『志陽略誌』に「鴨大明神社 岩倉村に在り、此外牛頭天王社山祗神社珍忠社あり」とみえ、また「正八幡宮を移すと謂う」とあり、明治五年の「岩倉村地誌」に「加茂明神社 本村元標より南の方字森地に在り、祭神は伊邪那美命なり、抑も本社の来由を尋ぬるに船津河内岩倉松尾白木を加茂五郎と称せるとき、山城国加茂明神を勧請せしものなるか、木村建置の時一社を建てて奉祀せしものと憶えたり」とある。
 九鬼神社についていえば、もとの鎮座地から松尾町の蕨岡神社に合祀され、蕨岡神社は加茂神社へと名称の変更があり、加茂八幡九鬼神社と称した。その後、旧鎮座地に分祀され、八幡神社(祭神誉田別命)・萩原神社(祭神素盞鳴命)と三社が合祀され、九鬼岩倉神社と称した。因に八幡神社は城州男山八幡宮より勧請の後、中世末九鬼嘉隆が崇敬して鎮護神としていた。

 「これは、和歌山県本宮町の熊野本宮大社の先代宮司さんの書によるもの」と教えて下さった。

 
祭典の「鍬形神事」についてはコチラ
BACK