湊川神社 拝殿湊川神社
みなとがわ

兵庫県神戸市中央区多聞通三丁目に鎮座。
(JR東海道線・山陽線の神戸駅より徒歩すぐ)


ご祭神 楠木正成公(大楠公)
 通称 楠公(なんこう)さん。

配祀  楠木正行公(小楠公)
 及び湊川の戦で殉節された楠木正季(まさすえ)卿以下、御一族十六柱並びに菊池武吉卿。
摂社・甘南備神社は、明治三十八年鎮座ですが、祭神「大楠公夫人」であり建物戦災消失後は
本殿内に合祀されています。

由緒 1336年([南]延元元年 [北]建武三年)五月二十五日。
 後醍醐天皇の勅を奉じて、兵庫湊川に足利尊氏の大軍を迎え撃ちましたが勝機なく、弟正季と「七生報国」を誓って刺交殉節を遂げられました。

 水戸藩主・徳川光圀は、正成の墓が粗末に扱われているのを嘆き「嗚呼忠臣楠子の墓」と自書した墓碑を建立して、手厚く葬り全国に大楠公の盛徳を顕彰しました。
お神楽見たよ! 訪ねたのは、5月の25日の楠公祭の日。
去年の今頃、湊川神社に行こうと思い立ち、
今年はようやく参拝することが出来た。


 南北朝時代にかけての争乱と、混沌の時代を生きた武将・楠木正成を偲んで、お神楽・奉納太鼓が披露された。
 楠木正成
 南北朝時代の武将。河内の土豪。幼名は多聞丸。
 1331年(元弘一年)後醍醐天皇に応じて兵を挙げわずかな軍勢を率いて、鎌倉幕府の大軍を相手にさまざまな奇策・奇襲を行って幕府軍を翻弄して苦しめ、正成が河内千早城(現 大阪府南河内郡大字森屋)に幕府軍をひきつけて、ねばり強く孤軍奮闘しているうちに、各地で討幕の兵が挙がり、1333年5月22日 ついには、源頼朝以来140年続いた鎌倉幕府は、滅亡した。
 その後、建武政権下で河内の守と守護を兼ね、和泉の守護ともなった。
 
 1336年5月、九州から攻め上って来た、足利軍を兵庫湊川に迎え討ち、激戦の末に戦死する。『太平記』によると−(湊川の民家に入った楠木一族十三人、その家来六十余人が客間に並んで座り、念仏を唱えて一斉に腹を切ったという。最期に上座に坐っていた正成は、弟 正季に向かって「来世では何を願うか」と問うと、正季は「七生まで、ただ同じ人間に生まれて、朝敵(足利軍)を滅ぼさばやとこそ存じ候へ」と答えた。
 それを聞いた正成は、嬉しそうに「罪業深き悪念なれども、われもかやうに思うなり、いざさらば同じく生を替えて(生まれ変わって)この本懐を達せん」と約束して、兄弟ともに刀を刺し違えて死んだ)とある。五月二十五日のこと。

 楠木正行
(まさつら)
 楠木正成の長子。
 正成が湊川に向かう途中の桜井宿(現 大阪府三島郡島本町桜井一丁目)で、正行 に「このたびの合戦は、天下の安否を占う合戦となろうし、父がそなたの顔を見ることもこれが最後と思うなり、正成が討ち死にすと知れたならば、天下の権は必ず尊氏が握ると心得よ。されど他人はどうであれ、そなたはしばしの命を助からんがために、我らが多年の忠義を捨て去って足利に降ってはならぬぞよ。一足や若党が一人でも生き残っているうちは、金剛、千早の近辺に引き籠もり、敵の大軍が押し寄せて参ったならば決死の覚悟でこれに当たり、武略をもって敵を欺け。また万が一にも禍が主上(天皇)の御身に及ぶようならば、身を犠牲にしてもお守りいたせ。そのことが、亡き父に対する第一の孝行となるであろう」と諭した。
 
 正行は、父の遺訓を守って足利氏に対抗。十一年後の正平二年八月、北朝方の隅田城を攻めこの合戦を皮切りに北朝軍と戦い、1348年正月足利尊氏の執事 高師直(こうのもろなお)の率いる六万の大軍が四条畷に到着。これに対して正行は、わずか三千騎で決戦を挑み、死に物狂いで激戦の末、力尽き、弟正時と刺し違えて自刃した。
 現在、飯盛山の山麓に四条畷神社(同市南野二丁目)があり、正行を主神に正時・正家ら一族
二十四人を祀る。

 楠木正成の「大楠公」という敬称に対して、長子正行は「小楠公」と呼ばれる。
BACK