伊勢神宮

ご祭神は、天照坐皇大御神、豊受大御神
三重県伊勢市に鎮座する伊勢神宮。

 正式には「神宮」と称し、三市(松阪市・伊勢市・鳥羽)にまたがる百二十五社の一大神社群のことをいいます。皇大神宮(内宮)・豊受大神宮(外宮)の両正官をはじめとして、別宮十四、摂社四十三、末社二十四、所管社四十二から、成ります。まずは、外宮にお参りしてから内宮へと向かいます。
外宮の鳥居
【外宮】
 外宮・外玉垣南御門。ご祭神は豊受大御神と相殿神として、御伴神三座が祀られています。
 外側から、板垣、外玉垣、内玉垣、瑞垣と四重の垣がめぐらされているそうな。 一般の参拝は、外玉垣南御門の前。
撮影もここから。
神馬クン
 この日は、観測史上二番目に遅い梅雨明け宣言があった日。かなり暑かったです。
神馬くんも暑そうでした。
宇治橋
【内宮】
外宮から、内宮までの道のりは、約5Km。バスが便利です。

内宮へ向かう御幸通りの両側には、石灯籠が並んでいました。
 五十鈴川に掛かる宇治橋を渡って、
 内宮へと向かいます。
内宮拝殿前
内宮の撮影もここから。外玉垣南御門前の、石段あたりから撮ることになりました。

 ここには三種の神器のひとつ天照坐皇大御神の神霊を神鏡(八咫鏡)に宿しまつられているそうな。

※(鏡・勾玉・剣)…三種の神器
 八咫鏡の鏡の由来は「古事記」の天照大御神が「岩屋戸隠れ」をされたときに作られたものとされています。
[HOME]  [TOP]