妙見神社
鎮座地 徳島県鳴門市撫養町林崎
          妙見山公園内
ご祭神 天御中主神

 妙見山頂上近くに鎮座するお社。

開運 妙見神社
 当神社は、「造化の神、天御中主神」を祀る。この神は古く大地の未だ成立しない頃大空の真中に生れ給いた天地万物の大元をおすへになり、有形、無形のみたまとして永久に世に幸を与えられた。
 そのおゝみいつによって次々に神々がお現れになりその尊い御神徳は計りしれない。
 故に、開運、延命、長寿、安産、海陸交通安全の守護神として広く信仰されている。
 平安末期、中国より伝わった北辰(北極星)信仰と結びついて妙見社として祀られるようになった。
 天保元年(一八三〇)旧城主、四宮加賀守の子孫と撫養町林崎郷の近藤利兵衛氏がこの城址に妙見神社として再建した。

史蹟 撫養城址
 天正十三年(1585)蜂巣賀家政が阿波に入国し国内九ヵ所に城塞を設けた。阿波の久城という撫養城は淡路渡海の押さえとして異母弟の益田内膳正忠を城番にし手勢三〇〇名を以てまもらせた。
 寛永十五年(1638)一国一城の令により阿波九城は破脚された。
社殿後方の城石は当時の面影を残している。

〜鳥居横の案内板より〜

境内に建つ地神塔

近くに建つ絵馬道から鳴門市内が一望できる。
 妙見神社すぐそばの「鳥居記念博物館」
人類学・考古学者の鳥居龍蔵博士の業績を顕彰するために建設された。
 日本国内をはじめ、中国各地にも出掛けていき、実地調査による収集品、および遺品などが展示されている。


鳥居記念博物館

BACK