丹生都比賣神社
にぶつひめ

別称  天野大社・天野四所明神

鎮座地 和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野230

 ■アクセス 

御祭神
第一殿 丹生都比賣大神(丹生明神)
にぶつひめのおおかみ
第二殿 高野御子大神(狩場明神)
たかのみこのおおかみ
第三殿 大食都比賣大神(気比明神)
おおげつひめのおおかみ

第四殿 市杵島比賣大神(厳島明神)
いちきしまひめのおおかみ
若 宮 行勝上人 ぎょうしょう   境内社 佐波神社

 延喜式に名神大社として記載される古社。
創祀年代は不明。ぐるりと山に囲まれた天野の里に、約千七百年前よりお祀りされている。場所といい、お宮さんの雰囲気といい、とても気持ちの良いところです。何度も訪れたくなるような、お宮さんです。

〜神社略記より抜粋〜
 弘法大師が高野山開創と共に、特に関係深い当社は、
地主また高野一山の鎮守神として現在に至っています。
天平年間の頃に出来たという「丹生大明神神告門」によると、丹生都比賣大神は、天照皇大神の妹神で稚日女命(わかひるめのみこと)とも申し上げ、神代この紀伊国奄田(三谷)にご降臨され、御子高野御子大神共に、紀伊・大和地方の巡歴、終焉の聖地として天野原に上り「朝日なす輝く宮、夕日なす光る宮に、常世の宮として静まり給う」と記されています。神宮皇后への協力の功として、応神天皇より紀の川より南、有田川に至る広大な土地を神領として与えられました。

 弘法大師が、高野山に真言密教の道場を開くにつき高野御子大神が狩人に化身し、黒白二頭の犬にて案内した事等により高野山により丹生明神・高野明神として二社が祀られました。鎌倉時代には、行勝上人により二位尼の援助のもと気比明神・厳島明神が勧請され四社となり現在の形が出来ました。
 その後、徳治元年(1306)に大整地が行われ社殿も現在の姿に造営され神社としての威容が整いました。
 鎌倉期以降高野山との関係はより緊密になり、山上の僧侶達の厳冬期の避寒や、火災による荒廃時の仮執務期間としても用いられました。四社殿とも一軒社春日造りで日本では最大といわれ、社殿内部には内宮殿があり、その中に御神体を安置する形式で、他に例がありません。
 平成十四年十二月十九日、境内が国の史跡に指定。
<指定文化財> 銀銅蛭巻太刀、楼門、本殿、本殿内宮殿、
狛犬、兵庫鎖太刀、(国宝)、鍍金長覆輪太刀、金銅琵琶、木像鍍金装御輿、法華経、後村上天皇宸筆寄進状、侍従頼宝施入状、鉦鼓縁、鼓胴、瑞華鸞八稜鏡。

<例祭日> 十月十六日
<神 事> 御田神事(一月十四日)
花盛祭(四月二十二日)
 祭神(女神)に花を供え春(花)を祝ぐ祭。
午後には、渡御の儀(御幸・おおわたり)が行われる。
神遷祭(七月十八日)修験者が祭神を奉じて峰々を回り帰還される祭。

丹生とは、赤土のこと…
■アクセス
車を利用の場合
◆大阪からは、国道26号線を経て国道24号を東へ進む。
または、阪和自動車道で和歌山インターへ、インターを出て国道24号を東へ進む。
◆笠田東または二つ次の笠田駅前の交差点から国道480号に入り、
星山橋を左折、天野トンネルを抜け、丹生都比賣神社へ。
◆富田林、河内長野を経て国道371号で国道24号へ、国道24号を西へ進む。
◆京都、奈良方面からは、国道24号で五條、橋本を経てかつらぎ町へ。
◆妙寺の交差点を左折、三谷橋を渡り、渡ってすぐの交差点を直進、
県道109号に入り丹生都比賣神社へ。
電車を利用の場合
◇JR阪和線天王寺駅から和歌山駅下車(約48分)、
和歌山駅でJR和歌山線へ乗り換え、笠田駅または妙寺駅下車。
◇南海高野線なんば駅から橋本駅下車(約50分)、
JR橋本駅でJR和歌山線に乗り換え、妙寺駅または笠田駅下車。
◇笠田駅からはコミュニティバスが運行されています(所要約30分)。
駅前にはタクシーも有り。
[丹生都比賣神社の由来書より転載]
BACK